クリスマスローズの鉢の植え替えと株分け

MENU
TOP>クリスマスローズの管理>クリスマスローズの鉢の植え替えと株分け
スポンサードリンク

クリスマスローズの鉢の植え替え


クリスマスローズ半日陰の場所が良くて、環境が合えばいいんですが、ちょうどいい場所がないとなると、鉢植えにして適切な場所に移動させます。鉢植えで楽しむ人が多いです。クリスマスローズは大体3年で根詰まりを起こします。なので3年に一回、植え替えをします。放置していると根詰まりを起こして、水切れしやすくなったり、葉っぱが黄色くなって枯れ込んできます。
まとめ
●植え替えは3年に一回。
●根詰まりしてガチガチになることがある。
●基本は一回り大きな鉢に植え替える。できれば「深い」鉢を。
●大きな鉢に植え替えるのが厳しい場合は同じ大きさの鉢に植え替えることも考える。その時は株分けをする。
用土はクリスマスローズの専用土が便利。
●作業をするときは手袋を。

スポンサードリンク

植え替え時期について

基本的な植え替え時期
基本的には花が終わって以降の3月4月と、夏の休眠から開ける9月10月です。クリスマスローズの完全な活動期(冬)を避ける形になります。
花が咲いている時は植え替えはしません。よって3月でも開花しているのならば植え替えは避けます。4月に開花している品種は開花が終わってから植え替えをします。
●植物は開花している時は、花にエネルギーを回しています。この時に植え替えのストレスをかけると株が弱ったり、生育不良を起こします。基本的には開花時の植え替えは避けます。

根詰まり対策の場合
クリスマスローズは根詰まりを起こしてカチカチになり、水をやっても水切れするなんてことに良くなります。そこで、「基本的な植え替え時期」ではない時に、そのような状態になったら緊急避難的に植え替えます。古い土を落とさないで、一回り大きな鉢に植え替えます。古い土を落とすと根を痛めるので気をつけましょう。
スポンサードリンク

古い鉢から抜く

古い鉢から抜き出す
古い鉢から抜き出します。もしもカチカチになっていたら、簡単には抜けないかもしれません。鉢をトントンと叩いて、振動を与えると抜けやすいです。どうしても抜けない場合は、トンカチで叩き割ります。乾燥させた方が抜けやすいです。
●クリスマスローズは根をビッシリ張って、カチカチになるということがあります。

古い土を落とすか?
根詰まりをした鉢の場合は、株の中にカチカチになってもう「土の役目」を果たせないものは、割り箸などでつついて崩して落とします。その時、根を切らないように丁寧にします。できれば、そんな状態になる前に植え替えをしましょう。

そんなカチカチになっていない土は出来るだけ古い土は落とさない方がいいです。
●植え替えはクリスマスローズにとってストレスです。古い土を落とすと根にストレスが加わるので、土は落とさない方がいいです。
●カチカチになった土は落としますが、そこまでじゃない場合は、なるたけ落としません。
●基本的な植え替え時期(3月4月・9月10月)以外の月は土を落とさないで、一回り大きな鉢に植え替えます。
●ただし株分けをする場合は、土をある程度は落とさないわけにはいきません。
スポンサードリンク

株分けについて


株分けも考える
クリスマスローズを長く育てると、「芽」が増えます。芽ってのは、根元から生える茎のことです。芽が増えると茎がビッシリと生えた状態になります。この芽から根が生えるので、芽がたくさんある状態で植え替えすると、根詰まりしやすいです。そこで、根詰まりしにくくするためにも「株分け」をします。
●庭植えしている場合、5年ほど植えっぱなしにしていると、芽が増えすぎて密生して、株の中心部が枯れてしまいます。庭植えも一定の頻度で植え替えをする必要があります。
●この株分けは基本的な植え替え時期(3月4月・9月10月)の時の話です。
●鉢を大きくしたくない場合も、株分けをしてから、植え替えれば、今の鉢の大きさのままで植え替えが出来ます。

株分けの方法
古い鉢から抜き出したら、割り箸などでつついて古い土を少し落とします。根を切らないようにしてください。そして、カッターで半分に切ります。これで株が二つになります。それぞれの株に芽が最低でも二つ以上、できれば三つ以上は欲しいです。
●株分けは花が終わった3月4月か、9月10月に行う。
●株分けした時に、芽が少ないと復活して花が咲くまでやたらと時間がかかります。
●カッターで切るのは茎の根元のところだけ。根は傷つけないようにします。

あとは普通に植え付けをします。
スポンサードリンク

植え替え準備


用土
ホームセンターには「クリスマスローズの専用土」というのが売ってあって、それが便利かつ、結局安く上がります。用土の配合の詳細は以下のリンクを参照に。


古い鉢より一回りかふた回りか大きな鉢を用意して植え替えをします。まー、大きい鉢と言っても限界がありますからね。一般的に販売している鉢の大きさの限界もありますが、大きな鉢はとにかく思い。鉢自体も重いし、何より土が重い。同じ大きさの鉢の植え替えるというのも手です。
古い鉢と同じ大きさの鉢か、そのまま古い鉢に植え替えることも可能ですが、その時は株分けをしてください。
あと、できるだけ深い鉢にしてください。深いってのは「縦長」ってことです。
●大きな鉢にたっぷりの土を入れると凄い重さになります。鉢植えは移動させるものですから、移動させる時にぎっくり腰になることがあります。ガーデニングで腰痛になったら損なので、大きさをセーブするのも大事です。
●ガーデナーは一回、生育に成功すると多品種を育てる傾向があり、鉢植えが大量に増えることが多いです。となると移動させる時は何鉢も持ち運ばなくちゃいけない。大きさをセーブするのは大事です。本当に。

軽石
鉢底に軽石を詰めます。これは水はけを良くするためです。

鉢底から土が流出しないようにするための網です。ホームセンターで売っています。シートになっていて他に利用のしようがないです。昔は陶器の鉢を割った破片を使っていましたが、網が無難。今後もガーデニングをするならば、買ってしまいましょう。
スポンサードリンク

植え替えの方法

植え替えは普通に
鉢植えの底に網を敷き、土が流出しないようにします。その上に軽石を2センチから3センチほど敷いて、その上に用土を少し敷き、その上に株を置いて、隙間に土を詰めていきます。
少し、深めに植えます。株の古い「地表」がちょっとだけ沈むくらいに土を被せます。

鉢を叩くと、振動で隙間ができます。そこに土を詰めていき、叩いても隙間が出来なくなったら、最後に水をやります。水をたっぷりやって、鉢の底から水が出るまでしっかりとやります。鉢底から水が出たら完成です。
●水をやることで、根を土になじませます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クリスマスローズの管理の仲間


クリスマスローズの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用