9月のクリスマスローズ(肥料をやり始める・鉢は植え替えと株分け)

MENU
TOP>クリスマスローズの管理>9月のクリスマスローズの管…
スポンサードリンク

9月のクリスマスローズの管理と手入れ


8月という高温期を過ぎ、8月の下旬から徐々に気温が下がるはずなんですが、温暖化やヒートアイランド現象もあって、9月になっても気温が下がらないこともあり、まだ高温対策は必要です。8月までは肥料をやっていませんでしたが、9月からは肥料をやるようにします。9月は花芽の形成時期でもあり、肥料が不足するのは避けたいです。ただし、30度以上の高温が続くのであれば、肥料は控えます。また9月は長雨の季節でもあります。長雨もクリスマスローズにとって厳しい気候です。

9月は高温・長雨対策と花芽形成のための肥料と、植え替え・株分けと、やるべきこと、考えるべきことが色々とあります。
まとめ
●まだまだ高温。水切れしないように水をやってください。
●水をやるときは涼しい朝か夕方。昼間に水をやらない。
●肥料をやる。
●直射日光を避ける。
●台風に注意。鉢植えは安全なところに移動させる。
●鉢植えは植え替えを考える。
●春に購入した鉢は植え替えをする。
●クロスマスローズの周囲の雑草をさばいて風通しを良くする。

水やりと肥料

庭植えの場合の水やり
高温が引続く地域では、晴れていたら水をやるようにします。あまりに高温の場合は、朝夕と水をやる必要があるかもしれません。昼間に水をやると水が熱せられて根が痛むので、水やりは必ず、朝か夕方の涼しい時間にやってください。
庭植えの場合の肥料
9月からは肥料をやります。9月も8月同様に花芽形成をしています。8月はあまりに高温で、肥料をやるとクリスマスローズが傷んでしまうので、肥料はやっていませんでしたが、気温が下がってきたので、花芽も葉も根も生育します。なので、肥料はやりましょう。ただし、30度以上の日が続くなら、肥料は控えます。
肥料はクリスマスローズの生育状況を見て、少量づつ増やしていきます。一気にドバっとやらないでください。9月の上旬は薄い液体肥料を週に一回。涼しくなったら緩効性化成肥料を少量(6g)やるか、上旬より濃い液体肥料をやはり週に一回やります。
●植え付け直後は肥料はやらない。肥料をやると株に負担になります。

鉢植えの水やり
晴れた日は朝と夕方の二回、水をしっかりとやります。水をやるときは鉢底から水が出てくるくらいにタップリとやってください。昼間に水をやると水が沸騰して根が痛みます。必ず、朝と夕方に水をやるようにします。
鉢植えの場合の肥料
鉢植えは土が少ないので肥料が不足しやすいです。鉢植えの場合は葉っぱが黄色く変色しやすいです。この時期に黄色くなっているのは肥料不足の可能性が高いです。庭植えより積極的に施肥します。9月になったら薄い液体肥料を週に一回やり、9月の下旬になり涼しくなったら緩効性化成肥料をやります。一株4g程度です。
●株分け・植え替えをした場合は、肥料はやりません。肥料をやると株が弱ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えは植え替えを検討する
鉢の底の穴から根っこが出ていたら植え替えをします。クリスマスローズは根がよく伸びるので、9月の時点で根がはみ出しているなら、これから確実に根詰まりを起こします(冬に生育するものですからね)。植え替えは2、3年に一回が目安です。もしも春(3月くらい)に鉢植えを購入した鉢は植え替えを必要としているはずです。

一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けをします。

植え替えの詳細は以下のリンクを参考にしてください。

管理場所・日当たり

直射日光を嫌う
クリスマスローズは直射日光に当たると葉焼けを起こします。葉焼けをすると、そこの部分の葉緑素が死に、株が弱ります。葉焼けを起こさないように、日陰に移動するか、木漏れ日の場所に移動するか、遮光してやります。
理想的には、何かの木の下の木漏れ日が良いですが、そう都合のいい場所はありませんから、寒冷紗やヨシズで遮光するか、明るい日陰に移動します。
●日陰といっても、戸外の明るい場所。直射日光が当たらないが、真っ黒じゃないです。

西日を避ける
西日も避けます。西日が当たるようであれば、ヨシズで遮光するか、フェンスや木や草丈の高い植物で遮光します。鉢植えならば西日が当たらない場所に移動させます。
台風に注意
鉢植えの場合、戸外で管理していて、台風の強風にさらされて落ちて鉢が割れるということがあります。台風が来るときは安全な場所に移動させましょう。
スポンサードリンク

その他

庭植えの場合…水はけを良くする
長雨が降り、水が庭に貯まるようだと、クリスマスローズの根が窒息して根腐れを起こします。そこで水を庭の外へと排水するように、水路を作って流しましょう。
庭植えの場合…雑草をさばく
9月はまだ高温で、雑草が繁茂する時期です。長雨もありますし、放置していると、風通しが悪くなって、過湿気味になって、腐ってしまいます。周囲の雑草をさばき、また、クリスマスローズ自身の傷んだ葉っぱや、変色した茎などを摘み取って風通しを良くします。
病気と害虫
長雨がふり、風通しが悪いとベト病や斑点細菌病が発生します。トルクロホスメチル水和剤を雨の後に撒いて予防します。
アブラムシナメクジも出ます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クリスマスローズの管理の仲間


クリスマスローズの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用