胡蝶蘭の葉っぱが割れた時の対処法

MENU
TOP>コチョウランの管理>胡蝶蘭の葉っぱが割れた時の対処法
スポンサードリンク

胡蝶蘭の葉っぱが割れた時の対処法


胡蝶蘭の葉っぱって、いつのまにか先から割れてしまいます。葉っぱの中心の薄くなっている筋のところがパックリ割れて、そのままどんどん根元近くまで割れます。少なからず「切れて」いるわけで、ということは傷口が出来てる。となると、冬の寒い時期の胡蝶蘭の株が弱っているときは、この些細な傷口からでも雑菌が入ると、病気になり、腐っていきます。ある程度は生理現象でしょうがないのですが、これは早めに対処しておきたいです。
まとめ
●葉っぱの割れは一般家庭ではある程度しょうがない。
●割れた部分に瞬間接着剤を貼って、くっつけてセロハンテープで止める。
●くっついたらセロハンテープは剥がす。
●放置していても問題ない、場合もあるが、やった方が無難。
●切り口から雑菌が入って病気になる。

対処方法


用意するもの
瞬間接着剤。
セロハンテープ。
方法
割れた部分に瞬間接着剤を塗り、

葉っぱを元どおりに合わせ、

セロハンテープで固定する。

割れた部分がくっつけばセロハンテープは取り除いていいです。
以上で終了。
ポイント
●見た目も大事ですが、一番大事なのは…
●傷口を瞬間接着剤で塞いで、雑菌が入らないようにすること。これは樹木で太い枝を切った時に癒合剤を塗るのと一緒です。瞬間接着剤は、胡蝶蘭の葉っぱが腐ってダメになった時に、病気部分を切り落とした後にも、切り口に塗って雑菌が入らないようにします。よって、胡蝶蘭を育てるなら瞬間接着剤を持っていて損はないです。
●割れた葉っぱをくっつけるのは、これ以上「割れないようにする」ため。傷口を塞ぐだけでないです。必ず葉っぱをくっつけましょう。
●冬は小さな傷でも雑菌が入り、致命傷になります。
●傷口自体は消毒剤を塗れば雑菌が入るのを防げるが、割れが進むことは防げない。瞬間接着剤で止めるべき。
スポンサードリンク

原因について

乾燥が原因
乾燥が原因というか、湿度が不安定なのが原因です。デンドロやシンビジュームなどはバルブという根元に太い部分があって、ここに水をためます。ラクダのコブみたいなものですね。それが胡蝶蘭にはありませんから、胡蝶蘭は代わりに「葉っぱ」に水をためます。胡蝶蘭って葉っぱが分厚いですよね。これはそのためなんです。
で、空気の乾燥や生育不良や諸々の条件が重なり、割れちゃう。

個人的には、日照不足や寒さに当たって活動が止まって痩せている状態で、空気が乾燥していて、葉っぱに水がかかると「割れる」ような気がする。
●葉っぱの割れは一般家庭が胡蝶蘭を育てる上ではしょうがないこと。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

コチョウランの管理の仲間


コチョウランの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用