バーベナの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>バーベナ

バーベナ(ビジョザクラ・美女桜)

バーベナ
科名クマツヅラ科
属名クマツヅラ属
学名Verbena
別名ビジョザクラ・美女桜
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


丈夫で育てやすい植物です。初心者向きです。元々自生地では多年草なので、本来は一年では枯れないですが冬の寒さに弱く、冬が来れば枯れると考えてください。暖地では戸外で常緑で越冬します。
3月前後に日の当たる場所に植えて、秋まで水と肥料をやれば長く楽しめます。

宿根か一年草
バーベナは本来多年草ですが、一年草と宿根バーベナがあります。一年草タイプであっても、種がこぼれたり冬をどうにかこうにか越して、春にはまた芽を出します。また宿根バーベナも寒さに決して強いわけでなく霜に当たると徐々に弱り、消えていきます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。バーベナは土が湿っている状態が長く続くとよくありません。春と秋は乾燥気味で管理します。土を触って濡れているなら水はやらないでください。夏は蒸発が激しいので毎日朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。冬はカラカラにならないように管理します。
真夏になると、蒸発が早いので、朝夕の二回水をしっかりやってください。
●出来れば花に水が掛からないようにします。花に水が掛かると花がしぼみやすいです。
肥料を切らせない
バーベナは春から秋の非常に長期間開花する植物です。肥料が切れると途端に花が止まります。真夏を除く春から秋の間は緩効性肥料を一ヶ月に一回か、一週間に一回液体肥料をやってください。
●夏場はバーベナが弱るので肥料をあげないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけのよい土を好みますので、市販されている花と野菜の土(培養土)で植えます。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。
●鉢植えにする場合は新しい土を使います。昨年使った古い土は雑菌と虫が住んでいます。これが病気の原因となり、生育不良を起こします。
●プランターなら65cmのものに苗を三つ。あくまで目安です。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。暑さに強く、直射日光にも枯れることはありません。あまりに暑いと元気が無くなり、花が止まることがありますが、枯れるほどではありません。
冬には枯れてしまいます。
●一年草のバーベナも宿根バーベナも、「冬に枯れる」「耐寒性は無い」といっても、ひょっこり残っていることが多いです。霜にあたれば枯れますが、戸外の軒下など霜が当たらないところであれば、冬越しするみたいです。ただしあまり当てにしないこと。必死になって冬越しを狙うのではなくて、放置していたら――くらいの気持ちで。

その他

切り花にしても一週間ほど楽しめる。花ガラ摘みをするより、早めに切って水につけて楽しむのも手です。
病害虫
バーベナは病害虫に強く、殺菌された新しい土と水と日光があれば、病害虫はほとんどありません。
●ウドンコ病が発生することがあります。もしも葉っぱが白く変色しウドンコ病になっていたら、病気部分を早めに取り除いて、ウドンコ病の薬剤を撒いてください。
●ウドンコ病は水を葉っぱに掛けることで予防できます。花に水をかけると花がしぼみますが、たまに葉っぱに水を掛けてウドンコ病を予防しましょう。
アブラムシ予防はオルトランを前もって撒くのが良い。

特徴・由来・伝承

色合いが少しソフトな、落ち着いた感じがします…布のような質感があると思うのですよ……小さな花を房状にたくさん咲かせ、匍匐(ほふく)することから、庭のグランカバーとして人気があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用