5月のクレマチスの栽培・管理

MENU
TOP>クレマチスの管理>5月のクレマチスの栽培・管理
スポンサードリンク

5月のクレマチスの栽培・管理


気温が上昇し、葉っぱが増え、花がガンガン咲きます。5月はクレマチスの月です。生育するために水をたくさん吸い上げますし、葉っぱから水が蒸発して、水が必要になります。花が咲いた後は剪定します。剪定することで次の花が咲きやすくなります。
また開花した株が花屋さんでも流通します。母の日のプレゼントでもらう人も多いでしょう。クレマチスを庭植えにする人はこの時期に、花の色合いなどを見て、庭のイメージを膨らませて購入する人が多いです。
まとめ
●花がよく咲く時期。
●生育が早いので水切れしやすい。
●一週間に一回、液肥をやる。
●花が終わったら、お礼肥をやる。
植え替え・庭植えの時期。
●苗が出回る時期。
●花が終わったら剪定する。剪定しないと四季咲きでも次が咲かない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合の水やり
水をたくさん必要とします。1日一回、水をやります。土に触って見て乾いているようならば、曇りの日でも水をやってください。それでも追いつかず、葉っぱがしおれるようであれば、夕方にも水をやります。
庭植えの場合の水やり
基本は自然に降る雨だけで十分です。ただし生育する時期で、水をたくさん吸い上げるので、乾燥するようだと庭植えでも水切れをすることがあります。乾燥するようであれば、水をやってください。
肥料
一週間に一回、肥料の説明書き通りに液体肥料をやります。
鉢の場合のお礼肥
花がひと段落したら、御礼肥をします。御礼肥は花が咲いたことで消耗した株に栄養を追加することです。これをしないと株は体力を失い、生育が衰えます。
緩効性固形肥料をやります。肥料の説明書き通りにやってください。
庭植えの場合のお礼肥
庭植えも花が終わったらお礼肥をやります。
クレマチスの株の周囲30センチに溝を掘って、そこに肥料を混ぜ込みます。クレマチスははっきり言って肥料ぐいです。肥料を大量に必要として、肥料がしっかりあると毎年、すごい量の花を咲かせます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
一般的な培養土か、自作する場合は赤玉土(小粒)5腐葉土3パーライト2を混ぜたものを使います。最近はクレマチスの専用の土も出ているのでそれでもいいです。
鉢への植え替え
現在植わっている鉢より1号か2号大きなものを選びます。極端に大きいものを選ぶと、余った土で過湿して根を痛めることがあります。
●いきなり10号鉢で植えてもすぐにいっぱいになる。多少は過湿になるかもしれないが、そもそもそれ以上の繁殖力があるので、普通はあまり気にしない。

植えるときは苗に元からついている土を一切落とさずに植えます。鉢底に網を敷いて、軽石を2センチか3センチほど敷き、用土を多少入れて、その上に苗を置き、鉢と苗の隙間に用土を詰めて行きます。
1センチか2センチほど深植えすると良いです。
庭植えの場合
庭植えするときは、花が終わって花の剪定をしてから植えます。

管理場所・日当たり


日当たりで管理
日光を好みます。日光にしっかりと当てて生育させてください。日光に当てると生育するし水の蒸発も早くなるので、水切れしやすくなります。水やりに注意してください。日光が少ないと開花が減ります。
風でひっくり返らないように
店頭販売しているクレマチスは地上部に対して鉢が小さく、また鉢が軽いプラスチックで出来ていることが多くて、風に当たるとすぐにひっくり返ります。強風の通らない場所で管理するか、二重鉢にします。二重鉢でふた回り大きくて重い鉢に入れて倒れるのを防ぎます。もしくは黒い穴あきトレーを花屋さんでもらって、それにはめ込んで倒れないようにします。
クレマチス同士を離す
クレマチスの枝が風で外れて、枝同士が絡み合うことがあります。クレマチスのツルは鉄線と呼ばれるくらいに「硬い」ので、絡みあったら切るしかなくなります。クレマチス同士は離すようにします。

その他


剪定をしないと一季咲きになる
花が終わったら剪定します。四季咲き品種であっても、剪定しないでいると次の花が咲かず「一季咲」になります。大変ですが、必ず剪定をしましょう。
●剪定できる程度の大きさに止めるように冬に剪定するか、誘引しましょう。
●花が終わると画像のような「種子」ができます。見た目は綺麗なんですが、放置せずに剪定しましょう。

剪定の方法
詳細な剪定の方法は以下のリンクを参考にしてください。品種(タイプ)によって剪定の方法が違います。ちなみに4月下旬から咲いているのが早咲きタイプ。5月中旬から咲くのが中間タイプ。5月下旬に咲き始めるのは遅咲きタイプです。

誘引
必要であれば誘引してやります。

病害虫
気温の上昇とともに病害虫が発生します。アブラムシハダニなど。詳細は以下のページを参考に。一度ざっと見ておくと良いです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クレマチスの管理の仲間


クレマチスの管理の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用