11月のクレマチスの栽培(落葉し冬支度へ)

MENU
TOP>クレマチスの管理>11月のクレマチスの栽培・管理
スポンサードリンク

11月のクレマチスの栽培・管理

涼しくなり、常緑種以外の普通のクレマチスは葉っぱが落ちてしまいます。旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)と新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は昨年に生育した枝に花が咲くものですから、秋以降には剪定をすると、花芽まで落としてしまうことになり、来年、開花しなくなります。花が咲いている場合は花首で落とす程度にして、切り戻し(剪定)は一切しません。

一方で遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は冬の間に半分ほどに切り戻すか、バッサリと根元まで剪定してしまいます。
まとめ
●遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は狩り込む。
●遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)以外の種類は、刈り込まない。剪定しない。
●地上が枯れ込んでいても水を忘れないように。
水やりは午前中に。
●庭植えの場合は自然雨だけで十分。
●二週間に一回薄い液体肥料をやる。
●常緑クレマチスは比較的寒さに弱い。マイナス5度以下になるようなら室内へ。
●常緑クレマチス以外は寒さに強い。

参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)

水やりと肥料

鉢植えの水やり…水やりを忘れない
土が乾いていたら水をやるようにします。
水やりは午前中にやります。午後に水をやると朝方まで土の中の水が残って、それが凍って霜柱になり、クレマチスの根を傷めます。そのくらいじゃ枯れませんが、避けた方がいいです。
クレマチスは宿根草で、地上部が枯れ込んでいても根は生きています。冬は全然、変化がありませんが、乾燥していたら水をやってください。地上部が枯れ込んでいるので忘れがちになります。特に遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は地上部を刈り込んでしまうと、地上部が何もなくなってしまって、「どうして水をやってるんだろう?」って思いがちになります。
庭植えの水やり…はほぼしない
自然に降る雨だけで十分です。
肥料
薄い液体肥料を二週間に一回やります。鉢植えでも庭植えでも同じです。置き肥はしません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根詰まりした鉢を一回り大きな鉢に植え替えたり、鉢植えを庭植えにしたりします。根詰まりした鉢をそのまま来年に持ち越すと春の生育期にマズイので今のうちに植え替えをします。鉢植え・庭植えの詳細は以下のリンクを見てください。

管理場所・日当たり

日当たり
日当たりを好みます。
寒さには強いです。なので戸外の日当たりで管理します。
色々と資料によって数字が違うんですがマイナス15度とかマイナス8度とかあります。ただし品種によって違います。また常緑クレマチスはマイナス5度が耐寒温度でそれ以下になると、枯れてしまいますので常緑クレマチスを育てていてマイナス5度以下になる場合は、室内の暖房の効いていない「涼しいところ」に移動します。できれば日当たりで管理します。

その他

遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)の剪定について
遅咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は春以降に出た枝に開花しますので、古い枝を残していても開花はしません。なので半分ほどに刈り込んでしまうか、根元の二節を残してバッサリと刈り込んでしまうか、します。
旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)と新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)の剪定
この二種は古い枝に花芽が付いていますので、これ以降、剪定すると花芽を落とすことになります。そこで、これ以降は花を咲かせたいならば、剪定はしません。
ただし、クレマチスは繁殖力の強い植物ですから、伸ばし放題にしていると収拾がつかなくなります。なので邪魔なら剪定しても構いません。
参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クレマチスの管理の仲間


クレマチスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用