12月のクレマチスの管理(寒さに当ててください)

MENU
TOP>クレマチスの管理>12月のクレマチスの栽培・管理
スポンサードリンク

12月のクレマチスの栽培・管理

12月に入り、すっかりと寒くなりました。普通のクレマチスは落葉しています。常緑性クレマチスは寒いと元気になるのですが、マイナス5度以下になると逆に寒さで枯れ込んできます。マイナス5度以下になったら常緑系クレマチスは室内の涼しいところに取り込んでください。夜は室内へ取り込んで、昼間にマイナス5度以上になるならば、昼間は戸外の日当たりに移動させてください。
まとめ
●土が乾いていたら水をやる。
肥料はやらない。
●新枝咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は剪定をしてもいい。
●旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)・新旧両枝咲きクレマチス(中間タイプ)の剪定は新芽が目視で確認できる2月以降に。
●植え替えは2月3月まで待つ。

参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えへの水やり
土が乾いていたら水をやってください。土に触ってみて、濡れているようならば水はやりません。常緑系クレマチスでなければ地上部は落葉して枝だけになっているので、水やりを忘れがちですが、根は死んでいませんから、水やりを忘れてしまうと、カラカラになって枯死してしまいます。
●受け皿に水が溜まっていたら水は捨ててください。そのままにしていると、根が過湿で痛んで枯れてしまいます。
●水やりは午前中にやります。昼以降にやると水が土の中に残って、明け方に寒さで霜柱になり、根を傷めてしまいます。

庭植えの水やり
庭植えの場合は、自然雨だけで十分なので水やりはしません。
肥料
不要です。
生育しない時期なので、肥料をやると根を傷めます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え・庭への植え付けはしません。
植え替えは2月3月まで待ってください。
それまでは鉢植えで管理しましょう。

管理場所・日当たり

寒さに強い
強い寒風が通る場所を避けて、できるだけ日当たりの良いところで管理します。普通のクレマチスはマイナス8度とかマイナス15度まで寒さに耐えますので、北海道でもよほどでない限りは戸外で越冬します。
常緑クレマチスの場合
しかし、常緑クレマチスは、他の種類よりも寒さに弱いのでマイナス5度以下になるようであれば、室内で管理します。室内でも暖房の効いている場所ではなくて、涼しいところで管理します。それでいて日が当たる場所です。

その他

剪定
新枝咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は、春以降に伸びた枝に花が咲きますので、古い枝を残しても開花には関係がありません。株元から何節か残してバッサリと狩り込むか、半分ほど刈り込みます。しかし、12月の時点で必ずしもする必要はないです。

旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)と新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は、去年の枝を適宜残すようにして剪定するんですが、12月の時点ではどこに「花が咲く芽」があるのか目視できませんから、2月まで剪定を待ちます。

よって12月の時点では剪定はやめて、2月ごろに挑戦するようにします。
参考
新枝咲きクレマチスの剪定(遅咲きタイプ)
旧枝咲きクレマチスの剪定(早咲きタイプ)
新旧両枝咲きクレマチスの剪定(中間タイプ)
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クレマチスの管理の仲間


クレマチスの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用