3月のクレマチスの栽培・管理

MENU
TOP>クレマチスの管理>3月のクレマチスの栽培・管理
スポンサードリンク

3月のクレマチスの栽培・管理

常緑クレマチスは開花します。その他のクレマチスも枝に新芽が膨らみ、旧枝咲きクレマチス(早咲き)は3月の下旬には開花するものもあります。新芽がまだ伸びないうちに。常緑クレマチスは開花します。その他のクレマチスも枝に新芽が膨らみ、旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)・新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は剪定し、「つる下げ作業」をしておきます。
新枝咲きクレマチス(遅咲きタイプ)は、活動する前にバッサリと刈り込んでしまいます。
まとめ
●土が乾いたら水やりを。
●新芽が膨らんできたら、液体肥料を。
●液体肥料とは別に緩効性固形肥料を。
植え替えの時期。植え替えは新枝が出るまでに。
●苗が出回る時期。
●剪定・ツル下げを枝が出る前に行う。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をやります。頻度としては二日に一回程度ですが、あくまで目安として考えてください。常緑クレマチス以外はまだ葉っぱが出ていませんから地上部がスカスカ何ですが、すでに活動が始まっていて、意外と水を吸い上げますので気をつけてください。毎日、土に触ってみて、乾いているようであれば水をやるようにします。
●受け皿の水は捨ててください。
●水をやるときは午前中にやります。3月はまだ地域によっては寒く、午後や夕方に水をやると、水が朝方まで残ってそれが朝の寒さで凍って霜柱になって、根を痛めることがあります。

庭植えの水やり
自然に降る雨だけで十分に足ります。
ただし、土が水はけが良すぎて乾燥するような土ならば、乾燥を見て水をやってください。
肥料
芽吹いてきたら、週に一回、液体肥料をやります。
それとは別に緩効性固形肥料(化学肥料)を説明書き通りにやります。緩効性肥料は今月ではなく来月から効き始めます。なので開花前の3月に施肥します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの植え替え
根詰まりしそうな鉢を植え替えるのも可能ですし、新しい苗を大きな鉢に植え替えることも可能。この時期、新しい苗が出回るので植え替える人は多いです。ただし花が咲いていないので、気をつけてください。
植え替えは枝が出る前までに終わらせてください。

庭植え
挿し木で増やした2年目の苗や、新しく買ってきた苗などを植えます。植え付けの方法は以下のリンクを参考にしてください。

管理場所・日当たり

日当たりで
しっかりと日に当てます。
●常緑クレマチスはマイナス5度くらいで枯れます。3月になると地域によりますが、さすがに枯れるような寒波は来ないかと思いますので、戸外で日にしっかりと当ててください。もしも枯れるような寒波が来るときは室内に取り込みます。そのときはリビングなどの暖かい場所ではなく、涼しい場所で管理してください。

強風に注意
春先には春一番が吹きます。クレマチスの鉢は地上部に対して鉢が軽いものが多いので、強風でひっくり返らないように、風の通らない場所で管理するか、二重鉢をして対策をします。

その他

剪定
新枝咲きクレマチス(遅咲きタイプ)はバッサリと半分に狩り込むか、根元近くまで刈り込んでしまいます。旧枝咲きクレマチス(早咲きタイプ)・新旧枝咲きクレマチス(中間タイプ)は新芽が出ているところまで切り戻して、「つる下げ」を行います。
剪定・ツル下げの詳細は以下のリンクを参考に。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

クレマチスの管理の仲間


クレマチスの管理の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用