シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)の育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)

シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)(ツタバゼラニウム)

シュガーベイビー(アイビーゼラニウム)
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
学名Pelargonium peltatum
別名ツタバゼラニウム
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


アイビーゼラニウム・シュガーピンクはアイビーゼラニウム園芸品種。八重咲きで四季咲き。四季咲きというのは条件(15度以上)が揃えば開花するので、温室などがあって気温が高ければ冬でも開花します。葉っぱが小さく、茎が細い。育て方はアイビーゼラニウムやゼラニウムと同じです。葉っぱがアイビーに似ていることからアイビーゼラニウムと呼ばれます。
まとめ
●水は控えめ。
●夏は朝夕の二回、水をやる。
●冬はさらに水を控える。
●開花しているときは液体肥料をやる。
●夏は直射日光を避ける。
●冬は室内へ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水は控えめ
葉っぱが分厚く、乾燥に対応できるようになっている反面、過湿に弱いです。水のやりすぎには注意してください。水の遣り過ぎというのは「頻度」です。水は毎回、鉢の底から水が出るくらいにしっかりとやって、土が乾燥するまで水はやりません。大事なのはメリハリです。
●夏は高温による蒸発ですぐにカラカラになります。必要ならば毎日、朝夕の二回の水やりをします。昼に水をやると水が高温になって根を痛めるのでやめます。
●冬は生育が止まっているので、秋の感覚で水をやっていると、根腐れを起こします。冬になったら水やりの頻度を減らしてください。
●受け皿の水は必ず捨ててください。放置していると病気になります。

肥料
開花している時期は、液体肥料を週に一回やります。

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土
用土は一般的な培養土に1割ほどパーライトを混ぜるか、自作する場合は赤玉土腐葉土3パーライト2を混ぜて植え付けします。
植え替えについて
アイビーゼラニウムは根の張りが早いので毎年植え替えをします。適した時期は春ですが、真夏と真冬以外はいつでも問題はありません。
株を増やすなら挿し木
シュガーピンクは種子ができにくいですから、株を残すのであれば挿し木をします。挿し木の方法はアイビーゼラニウムを参考にしてください。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりへ
アイビーゼラニウムは日光を好みます。日光がしっかりと当たっていないと葉っぱも花も少なくなりますので、必ず日に当ててください。
夏は半日陰か明るい日陰へ
アイビーゼラニウムは夏の強い直射日光が苦手で葉焼けを起こします。そこで戸外の木漏れ日が当たるような場所か、明るい日陰に移動させます。
冬は室内へ
霜に当たると一発で枯れる。溶けて消えます。霜に当たらないようにすれば0度近くまで耐えられるが、無理をせずに基本的には冬は室内で管理する。

その他

花を摘む
花が終わったら、花の茎を根元からハサミで切り取ります。
カイガラムシ
カイガラムシが発生したら、駆除してください。
切り戻し
ゼラニウムは切り戻すと脇芽が出て、株が大きく育ちます。花が一段落する夏の前に、何節か切り戻しをします。

特徴・由来・伝承

アイビーゼラニウム・シュガーピンクはアイビーゼラニウムの園芸品種。八重咲きで四季咲き。葉っぱが小さく、茎が細い。育て方はアイビーゼラニウムやゼラニウムと同じです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用