ハイビスカス・アドニスマンゴーの育て方

MENU
TOP>アオイ科>ハイビスカス・アドニスマンゴー
スポンサードリンク

ハイビスカス・アドニスマンゴー

ハイビスカス・アドニスマンゴー
科名アオイ科
属名アオイ属
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


普通のハイビスカスは朝に咲いて夕方には萎れる「一日花」ですが、アドニスマンゴーは三日か四日も開花が続きます。また、デンマークは北欧で、本来はハイビスカスは春から秋に開花したら、冬は寒さで枯れるものですが、アドニスマンゴーは5度以上で越冬が可能で、来年も楽しめます。
まとめ
●土が乾いていたら水をやる。
●夏は朝と夕方の二回、水をやる。
●春から秋は液体肥料をやる。
●毎年、植え替えをする。
●冬は室内で管理すれば越冬できる。

水やりと肥料

春と秋
春から秋は土が乾いていたら水をやります。春と秋は晴れたら水をやります。水をやる時は鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。水は土に注ぐようにします。葉っぱに水をかけるとハダニが予防できるんですが、ツボミや花に水をかけると花が咲かなくなりますので、土に水を注いでください。

夏は朝と夕方の二回、水をやります。真昼に水をやると水が沸騰して、根を痛めるので朝は10時までに、夕方は4時以降に水をやります。

冬は生育が止まっていますので、水は控えます。土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。
肥料
春から秋の開花する時期に、液体肥料をやります。肥料が切れると花が止まります。アドニスマンゴーはたくさん開花するので肥料切れしやすいので注意してください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

春か秋に植え替えを
ハイビスカス・アドニスマンゴーは根の張りが早いので毎年植え替えをします。根が張ると鉢の底から根が出てきます。根が出てきたら植え替えをしましょう。
植え替え時期
開花が始まる前か、開花が終わった後に植え替えをします。
植え替え方法
一回り大きな鉢を用意し、古い鉢から株を取り出します。株の土は崩さないでください。土を崩すと根を傷めて、生育不順を起こします。植え替えの方法は以下のリンクを参考にしてください。

管理場所・日当たり

春から秋は日当たりへ
ハイビスカスは日光を浴びて、ガンガン咲きますので、日光が不足しないようにしっかりと日に当ててください。真夏の直射日光に当たっても葉焼けはしませんので、真夏でも日当たりで管理してください。
ただし、あまりに日当たりが良すぎて、夏に頻繁に水切れするようであれば、半日陰に移動させます。もしくは二重鉢で鉢の温度が上がりすぎないようにします。
●アドニスマンゴーは戸外の日当たりでなく、室内の日当たりでも十分開花します。ただし、日光が少ないと開花が鈍いので、戸外の日当たり推奨です。
●霜に当たったら一発で枯れるので、霜が降りる前に室内へ取り込みます。
●夏は高温のあまりに開花が鈍くなったり、開花しなくなったりします。

冬は室内へ
アドニスマンゴーは5度まで寒さに耐えますが、できれば10度以上にしたいです。寒いと落葉しますので、できるだけ暖かい場所で管理します。落葉しても枯れていないならば春に芽吹きます。
室内で日に当ててください。窓辺に置くことになりますが、窓辺は夜中になると外気が近いので夜中は室内の中央へと移動させてください。
スポンサードリンク

その他

病害虫はほとんどないです。

特徴・由来・伝承

デンマークのGRAFF社が開発したハイビスカスの品種が「Newロングライフ」というシリーズで、その中でオレンジ色のが「アドニスマンゴー」。ちなみにアドニスは「ギリシア神話に登場する、美と愛の女神アプロディーテーに愛された美少年。フェニキアの王キニュラースとその王女であるミュラーの息子」のこと。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用