インパチェンスの育て方

MENU
TOP>ツリフネソウ科>インパチェンス
スポンサードリンク

インパチェンス(アフリカホウセンカ)

インパチェンス
科名ツリフネソウ科
属名ツリフネソウ属
別名アフリカホウセンカ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


一年草扱いです
本来は多年草ですが、寒さに弱く5度以下になると枯れてしまいます。室内に取り込んで管理すれば冬越しも可能ですが、一般的には一年草扱いです。冬でも15度以上になると花を咲かせますので、気温があれば一年中咲かせることも可能です。
花ガラ摘みは…やっぱりしましょう
花が終わると勝手に花が落ちるので、花ガラ摘まなくていい…と書いてあるサイトもありますが、花が葉っぱに落ちて、こびり付いて汚くなったり、そこから腐って病気になることもありますので、やっぱり花ガラは摘んだほうがいいです。
まとめ
●寒冷地以外では、夏は繁茂していると、蒸れてしまいます。梅雨前に剪定して風通しをよくすると良いです。
●真夏の直射日光には葉焼けをする。
半日陰が適している。
肥料が切れると花が止まる。
●ポット苗の土はほぐさずに植える。移植はできない。
●育てるのは簡単。
●ベランダ管理が適している
●ニチニチソウと勘違いしている人は多い。

参考
インパチェンスのツボミが落ちる原因と病気トラブルまとめ
インパチェンスの品種一覧
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりと
乾燥に弱く、水を切らせるとすぐに葉っぱがダラリと垂れ下がってしまいます。温かくなり、蒸発が激しくなってきたら、朝・夕の二回づつ水をやってください。
鉢植えの場合水切れが多い
鉢植えにしている場合、日光が鉢にガンガン当たっていると水切れを起こしやすくなります。あまりに水切れする場合は置き場所を変えてみてください。
乾燥も苦手ですが、水のやりすぎにも注意
インパチェンスは水を好み、湿度の高い状態を好むのですが、そうはいっても長い間、土が濡れていると根が腐ってきます。例えば梅雨に風通しの悪い場所だと、腐ることもあります。水やりは基本的に土が乾いてからです。
肥料
開花が多いので、春から秋に掛けて液肥を一週間に一回程度やります。もしくは一ヶ月に一回、固形肥料をやります。肥料が切れると花が止まります。真夏は暑さで弱るのであげないでください。花や葉っぱの状態を見て肥料をやってください。
●肥料は成長促進であって弱っているものを元気にする作用はありません。弱っている株に肥料をやると、とどめになることも。
●水は好きだけど、水はけが悪いと根腐れをします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



用土培養土
市販されている花と野菜の土で植え付けをします。インパチェンスの専用土もありますが、そんなに変わりません。
植え替えは不可
直根性といって、一本長い根が生えるタイプの植物です。この根を傷めると成長不良を起こしたり、枯れることもありますので、ポット苗から出したら土を崩さずに植え付けをしてください。
また長い間ポット苗の状態でいると植えつけても成長しずらいことがあります。
●他の苗では、土をほぐすと根が広がりやすいと言われているので、ほぐしてしまいがちですが、土を解さないようにしましょう。


根を傷つけやすいので移植は出来ません。どうしても移動させる場合は挿し穂で増やして移動させます。土に挿していると増えます。
●本来は多年草。葉っぱを何枚か付けて、水につけていると発根します。これを土を入れたポット状態で冬越しさせて春に大きな鉢に植え替えれば、毎年更新して楽しめます。でも、普通はしません。面倒なので。
●春に流通する苗は温室で過保護に育てられているので、購入直後に強い風が当たると新芽が成長しにくい。最初は新芽を摘むと、根が出やすい。
●種子が小さくて、一度はじけると目視では分からない。暖地では春には発芽して新芽が。
●流通するインパから種子が取れても親株の性質を受け継いでいないので、色、生育、病害虫の抵抗などで劣る。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり


真夏の直射は苦手
管理場所は基本的には「半日陰」です。春や秋は日当たりでも構いませんが、真夏は直射日光に葉っぱが焼けてしまいます。そもそも半日陰くらいの日当たりでも十分に花が咲きますので、一般的には半日陰で管理します。

耐陰性があり、少々の日陰なら大丈夫ですが、もちろん日陰だと花つきが悪くなります。
●夏の直射日光に比較的強いサンパチェンスというのもあります。

真夏の直射に強い品種もゾクゾク
サンパチェンスというインパチェンスの園芸品種は、真夏の暑さと日当たりに耐性があります。ペチュニアラベンダーと並んで品種改良の盛んな植物です。
●暑さ、強い直射が苦手、なだけで室内では育たない。仮に育っても、花が咲かない。
●ヨシズを掛けて半日陰と同様の状況をつくっても可
●インパとトレニアは育つ環境が似ている
スポンサードリンク

その他

インパチェンスにはアリがたかります。
アリがたかっても害はありません。アリはインパチェンスについている小さな虫の卵や、小さな芋虫などは巣に持ち帰ってくれます。
虫に注意
インパチェンスは比較的病害虫に強いとされますが、まぁ、スズメガ・芋虫・バッタに食べられます。見つけ次第駆除します。アブラムシハダニ、ウドンコ病も発生します。
ニューギニアは別
ニューギニアインパチェンスは近縁ですが、葉っぱの色合いも管理方法も違いますので注意してください。

特徴・由来・伝承

アフリカのタンザニアからモザンピークにかけての海抜1800メートル以上の高原に自生する植物。19世紀にヨーロッパに持ち込まれて、品種改良後に非常に人気のあるガーデン植物になりました。特にアメリカでは花壇の材料として人気があります。
名前の由来
「我慢できない」という言葉が語源。種がはじける様子から、そんな名前が付きました。しかし市販されているインパチェンスは種苗会社が種が出来ないようにしていますので、大抵は種は出来ません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

インパチェンスの関連記事

インパチェンスの日記

ツリフネソウ科の仲間


ツリフネソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用