9月のブルーベリー栽培のコツ

MENU
TOP>ブルーベリーの管理>9月のブルーベリー栽培のコツ
スポンサードリンク

9月のブルーベリー栽培のコツ



まとめ
●9月はラピッドアイ系の収穫がまだある。
●収穫が終わっているならば防鳥ネットを撤去する。
●これまでにイラガ・ミノムシ・コガネムシなどの被害があった場合はスミチオン乳剤をサンプして虫の幼虫・卵の駆除をして来年の対策をする。


9月はすでにラピッドアイ系の収穫もほぼ終わり。収穫が終わったのであれば防鳥ネットを撤去します、9月は収穫がなければ特にすることはありません。9月10月は来年に向けてエネルギーを蓄える時期です。枝先にはすでに「花芽」が見られます。
収穫
ラピッドアイ系はまだ収穫があります。9月になると収穫はありますがそれ以前に比べると実が小さいです。収穫するときは「8月のブルーベリー栽培のコツ」同様に果柄が濃い紫になったものから収穫します。しっかりと熟すとポロっと取れます。無理に取ると果柄が実の皮がめくれて、そこからカビやすいです。ただ、すぐに食べたり、すぐにジャムにするんならば、どうなっても問題無いです。冷凍すれば10ヶ月は保存できます。
●熟しすぎると、自然とポロっと地面に落ちてしまい食べられない。また、熟しすぎると皮が裂けますので気をつけてください。それ以前に収穫するようにしましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料


9月は8月に比べれば涼しくなっていますし、果実の生育も止まっていますので、水の吸い上げも緩やかです。水やりは少し控えめになります。ただ、近年は9月も暑いから気を抜いて水切れしないように注意します。
鉢植えはまだ水切れに注意
9月はまだ気温が高く、水の蒸発が激しいですので、水が切れないように気をつけてください。ブルーベリーは根が浅いので水切れしやすいです。土が乾燥しているならば朝夕の二回、水をやります。
庭植えの水やりも水切れに注意
庭植えにしていても水切れしやすいです。
肥料
収穫があったラピッドアイ系は葉っぱの色合いが薄いようであれば肥料をやります。新枝に来年、結実しますので枝の伸びが少ないのであれば肥料をやります。肥料は専用の肥料がありますのでそれをやるといいです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。

その他


株元の雑草を刈る
雑草が伸びていると、雑草から病害虫が移ってきますので刈り込んで綺麗にしておきましょう。
剪定
剪定は12月から2月ごろにします。まだしません。
病害虫
春から夏にミノムシ・コガネムシ・イラガの被害がこれまでにあった場合は、MEP剤(スミチオン乳剤)を散布して、幼虫・卵を駆除しておきます。来年のための作業です。
防鳥ネット
ブルーベリーはムクドリとの戦いです。すでに防鳥ネットをしているはずです。してないならば、ほとんど食べられてしまいます。栽培しているブルーベリーがハイブッシュ系であればすでに収穫は終わっているし、ラピッドアイ系も9月で収穫が終わりです。
防鳥ネットを撤去しましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ブルーベリーの管理の仲間


ブルーベリーの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用