ポトスの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>ポトス
スポンサードリンク

ポトス(オウゴンカズラ・黄金葛・Pothos)

ポトス
科名サトイモ科
学名Epipremnum aureum
別名オウゴンカズラ・黄金葛・Pothos
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


室内の明るい場所で管理します。ある程度の日陰には耐えられますので、室内で育てるのは簡単です。あまりに日陰だとポトスの葉っぱの斑(フ)が無くなって、単に緑の葉っぱになります。目安にしてください。

強い直射日光に当たると葉焼けを起こします。品種にもよるので絶対ではないのですが、春の光くらいでは葉焼けは起きません。葉焼けの症状は茶色く穴があくもので、黄色く変色するのは葉焼けじゃないです。
葉っぱが黄色くなってポロポロと葉が落ちるのは水切れ・根腐れ根詰まり病気・害虫などを疑ってください。
まとめ
●水耕栽培をしていることがあるので、水をたっぷりやっても大丈夫な気がするけど、土植えにしていて水をやりすぎると根が腐って枯れます。
●日当たりはカーテン越しの日で。直射日光に弱く、葉焼けする。
●育てやすい植物です。
スポンサードリンク

水やりと肥料


春~秋のポトスが成長する時期には、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。秋以降、最高気温が20度以下になってくると、成長が鈍くなり、水を吸い上げる力が弱くなってきます。すると、夏と同じ感覚で水をやってると、根腐れしてしまいます。冬は土が乾いて白くなってから水をやります。乾燥気味に関することで耐寒性も上がります。
●室内が乾燥するときは葉っぱに霧吹きで水をかけてやってください。
●春と秋は土が乾いたら水をやります。夏はほぼ毎日水をやります。冬は土が乾いてから二日か三日経ってから水をやります。
●水をやりすぎて、枯らすことが多いです。
●受け皿に溜まった水は捨ててください。水が腐って病気の原因になります。
水やりする前に土を見る。失敗しないコツです。

葉っぱのホコリ
ポトスを育てていると、いつの間にか葉っぱにホコリが積もってしまいます。ぱっと見にはわからないのですが、そのせいで日照が不足して元気が無くなりますし、また、見た目も悪いので、布やティッシュで取り除くか、戸外で上からバシャーっと水をかけてホコリを洗い流します。
肥料
生育する時期に液体肥料を週に一回か、二週に一回ほどあげます。肥料が多いとよく育つのですが、邪魔になるので注意。肥料がないから枯れる、ということはありません。
●小さく維持したい場合は肥料は控える。
●ゴールデンポトスやライムポトスは生育が早い。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は観葉植物の土か、赤玉土腐葉土3川砂1を混ぜた土で植え付けをします。ポトスは切って水に挿していても発根して育てることが出来ます。発根したモノを土に植え付けることでいくらでも増やすことが出来ます。
●室内で管理するポトスは腐葉土の割合が少なく設定してある「観葉植物の土」が良いです。腐葉土が多いと臭います。

植え替えについて
根が詰まったら植え替えをします。
根が詰まると黄色く変色して下葉から枯れてきて、長いツルの先ばっかりに葉っぱがついているようになります。この症状は根腐れでもなります。
●植え替えの時、古い根は切り、しっかりとほぐしてから植え替えをします。トグロ巻いてるかも。
●植え替えてから2週間は日当たりには置かない。カーテン越しも避ける。植え替えはストレスで、弱っている時に日に当てると弱い日でも葉焼けしやすい。

株を増やす
葉っぱが枯れてきて、よく見てみると、根腐れしていたり、また水切れが長く続いてカラカラだったりして、株がダメになりかけていることがあります。そういう時は、水に挿して緊急避難します。
ポトスの枝には節があり、そこから発根します。そこが残るように、葉っぱを2・3枚つけて切り、水につけておくと発根します。とても簡単です。
仕立て方
ポトスが伸びてきたら、支柱(ヘゴ)に密着するようにする。上に伸びる茎をヘゴに接触させておくと、勝手に登っていく。気根が支柱にくっつきます。
支柱となるヘゴという木を湿らせておくとよく気根が絡む。
●ポトスは上へ登るほど葉っぱが大きくなる。大きくワサワサにしたいなら、支柱に絡ませる。
●下に垂らすと葉っぱはどんどんと小さくなる。
●市販のポトスの中にはホッチキスでヘゴにくっつけているのもあるので、紐で縛って活着させてもいいはず。
●ヘゴという植物で作った支柱に絡ませるのですが、ホームセンターなどでは「ヘゴ風支柱」があって、これは普通の木に溝が入っているだけで、気根が活着しづらい。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

理想的な日当たりは、春は日当たり、夏は半日陰、秋は日当たり、冬は室内の日当たり、というものですが、ポトスは相当に耐陰性があり、一年中室内のそこそこ明るいところで管理しても大丈夫です。
8度以下で元気が無くなります。
●室内でも大丈夫ですが、窓のカーテン越しに日が当たるような場所が適しています。
●と言っても、耐陰性があり、多少の日陰の環境でも育ちます。蛍光灯や白熱電灯の灯の下でも育ちます。それでも、ずっとその環境では葉っぱの色が薄くなったり、弱ってきます。
●2鉢用意し、室内の窓のある明るい場所と、日陰でサイクルさせると良いです。
●15度以上から生育が活発になります。
●霜に当たれば枯れます。

真夏の直射日光には注意を
真夏の直射日光に当てると葉っぱが葉やけしてしまいます。カーテン越しの光にあてるか、室内の中のほうへ移動させて下さい。
●ポトスは熱帯雨林の鬱蒼と茂ったジャングルの木の下に育つ植物で、直射日光を浴びるような環境ではありません。
●春と秋もいきなり直射日光に当てると葉焼けを起こします。耐陰性がありますから、無理に日当たりに出す必要はなく、「理想的」「できれば」という程度です。

冬の出窓に注意
冬もできるだけ日当たりに当てた方が良いので、出窓に置いていると、夜中に気温が下がって寒さで枯れることがあります。出窓は強い寒波が来ると0度以下に下がってしまいます。そういうとこは夜だけでも出窓から離してあげてください。

できれば風通しのよい場所が好ましいです。
スポンサードリンク

その他


病害虫
カイガラムシが発生します。
雑記
●斑の部分には葉緑素がない。よってここが葉焼けしやすい。
●斑入りの部分が多いほど、株としは弱い種類になりがち。
●ポトスパーフェクトグリーンというのが全く斑が入っていない。
●ポトスマーブルクイーンは多少、寒さに弱く、育てづらい。
●ゴールデンポトス・ライムポトスの生育は早い。
●マーブルクイーン・エンジョイなどは生育が遅い。
●ライムポトスは日照が不足すると緑になり、日照が足りていると黄緑になる。
テルノシャングリラ(ポトス)という品種は葉っぱが巻いている。

特徴・由来・伝承

ポトスは葉っぱが艶やかで色合いも鮮やか、そして室内で管理するのが簡単であることから、観葉植物として人気があります。ポトスは自立できないので、よく黒い木に絡ませてあります。これは「ヘゴ」と言う植物の板で、ポトスとはなんの関係もありません。

ポトスには登はん性という性質があって、ポトスを上に伸ばすと葉っぱが大きく成長し、下に垂らすと葉っぱが小さくなっていく。建築物に絡ませて放置しておくと、とんでもないことになるらしいです。日本では冬に枯れるのでトンデモナイことにはならない。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ポトスの関連記事

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用