リナリアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>リナリア
スポンサードリンク

リナリア(姫金魚草・ヒメキンギョソウ)

リナリア
科名ゴマノハグサ科
学名Linaria-bipartita
別名姫金魚草・ヒメキンギョソウ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種を撒くのは9月です。発芽率が良いので種から育てるのも難しくありませんが、種子は経済的ではないので一般的には苗を植えることが多いです。苗は冬から春に掛けて出回ります。通称「ヒメキン」
寒さに強いと思われがちですが霜に当たると枯れる
冬に店頭へ並びますが、霜に当たると枯れてしまいますので、軒下で管理してください。
こぼれダネで増える
一度植えると、種がこぼれて毎年咲いてくれます。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
多湿に弱いので、土が乾いたら水をたっぷりとやるようにしてください。水をやり過ぎると立ち枯れ病になります。乾燥気味に管理してください。特に冬は水を吸い上げる力が鈍りますので注意してください。
肥料は控えめに
肥料は特に必要ありません。市販されている花と野菜の土で植えた場合は土の中に肥料があらかじめ混ぜられていますので、肥料を上げる必要はないです。
液体肥料を上げる場合は、葉っぱの状態などを良く見てください。肥料を与えすぎると、茎が伸びすぎて、頭が重くなったときに咲く前に折れてしまうことがあります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ホームセンターなどで売っている花と野菜の土で植え付けをします。もしくは赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたものを使います。庭植えする場合、庭の土があまりに粘土質で水はけが悪いのであれば、川砂や腐葉土を混ぜて水はけをよくしてください。
出来れば早く植える
苗は秋~春に掛けて長く出回ります。あまり真冬に植えると寒さに当たって枯れてしまいますので、九月か十月に植えるか、植え遅れたら春先に植えます。
寄せ植え
同じ時期に開花するビオラパンジーなどと一緒に寄せ植えすると綺麗です。

管理場所・日当たり

霜にあたらないように
霜に当たると枯れてしまいますので、軒下や何かの植物の下などの霜に当たらない場所に植えるか管理して下さい。

日当たりを好み、あまりに日当たりが悪いと株が弱くなり、茎が徒長します。
スポンサードリンク

その他

エカキムシに弱い。葉っぱに白い線が書かれる。徐々に弱るので、オルトランを根元に撒くと徐々に消えます。

品種:小さいグッピーや草丈の高いマロッカナなど。

特徴・由来・伝承

リナリアという名前は亜麻という植物に似ていることからギリシャ語の「亜麻linon」からきています。発芽率が高くて、庭にたくさん植えるのであれば、種から撒いたほうが安上がりです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用