ブーゲンビリアの育て方

MENU
TOP>オシロイバナ科>ブーゲンビリア
スポンサードリンク

ブーゲンビリア(イカダカズラ・ブーゲンビレア)

ブーゲンビリア
科名オシロイバナ科
属名ブーゲンビリア属
学名Bougainvilleae
別名イカダカズラ・ブーゲンビレア
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ブーゲンビリアは日光が当たっていないと、徐々に花が落ち、葉っぱが変色して丸坊主になります。ブーゲンビリアは日光がポイントです。
ツルがあまりに育ったら
ツルが絡み合って中の方まで日光が当たっていないようであれば、ツルを解いてしっかり日に当ててやってください。日が当たると枝の途中でも開花します。
棘がすごい
綺麗なんですがトゲがすごい。
まとめ
●土が乾いたらやる。冬は水を控える。
水やりが多いと開花が鈍い。
肥料は控えめに。根が肥料負けしやすい。
●夏は風通しのよい半日蔭に。
●冬は室内で管理。冬は葉っぱが落ちる、かも。
●植え替えの時は土を多少落としてもいいが、落とさない方が株の負担は少ない。
●日光があたらないと花が咲かない。


スポンサードリンク

水やりと肥料


水切れ気味で開花しやすくなる
土が乾いたら水をしっかりやってください。土が濡れているのであれば、水をやらないでください。受け皿の水は捨ててください。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。
●ブーゲンビリアは乾燥に強いのもありますが、乾燥→水やりを繰り返すことで開花しやすくなります。水が多いと葉っぱや枝は伸びても花芽が少なくなります。なので、しっかりと乾燥させてから水やりをするようにします。
●花がしおれるまで水を切らせても大丈夫。むしろその方が開花しやすい。

冬の水やり
冬はさらに水を控えます。土が乾いてから数日経って水をやる程度にします。ブーゲンビリアに限らず植物は水井を控えることで耐寒性が強くなります。
ただし、冬の室内は非常に乾燥していて、温かいこともあります。それで日当たりがいいとしっかり生育することもあり、ブーゲンビレアの状態をよく見て、水をやるべきか判断してください。
●戸外で管理している場合は水やりは朝にしてください。

肥料
生育期(4月~9月)にゆっくりと効く固形肥料か、液体肥料をあげます。枝が伸びる時期に肥料が切れるのは勿体無いですが、肥料をあげすぎると傷みますので、調節してください。ブーゲンビリアは肥料は少なめで大丈夫です。
●ブーゲンビリアは肥料が多いと葉や枝が伸びるばっかりで花が咲かなくなります。肥料は控えめに。
●肥料はリンの多いものを。窒素・カリが多いものだと花が咲きづらくなります。
●花が終わった後に肥料(お礼肥)をやると次の花芽が付きやすい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


一年おきに植え替えをします(つまり二年に一回)。植え替え時期は気温が20度以上で花が咲いていない時期。花が咲いている時期、つぼみがあるときに植え替えをすると花が傷んでしまいますし、株も弱ります。

用土
一般に市販されている培養土にバーミキュライトを1割追加したものを使うか、「ブーゲンビレアの専用土」というのがネットでは販売してあるので、これを使うのが結局は安上がりでしょう。
赤玉土4腐葉土3軽石2鹿沼土1を混ぜたものでも。
●庭植えの場合は、根鉢の倍の大きさの穴を掘り、掘り返した庭土に腐葉土かバーク堆肥を3割混ぜて利用します。
●土にパーライトを1割足すと良いです。

鉢植えについて
ブーゲンビリアは横に根が伸びず、下へ下へと根が伸びるので、できるだけ深い、縦長の鉢を用意するといいです。

出来るだけ土は落とさない
ブーゲンビレアは土を落とすと根が傷ついて弱ります。20度以上気温があると、多少土を落としても回復しますので、この時期に植え替えをします。
それでも土を落とさない方が株の負担が少ないですから、出来るならば古い鉢からスポッと抜いて、一回り大きな鉢にスポっと入れて新しい土を追加するのが楽です。

庭植え
ブーゲンビリアは冬の寒さで枯れることが多いのですが、「エリザベスアンガス」「サンデリアナ」「ミセスバッド」などの地植え用のブーゲンビリア品種があり、これらは寒さに強いですから、関東で地植えにしても戸外で越冬します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好むが真夏は半日蔭へ
ブーゲンビリアは日向を好み、日光が不足すると花が減り、徐々に弱ってしまいます。春と秋は戸外の日当たりか、室内の日の当たるところで管理します。夏は半日蔭に移動させます。冬は霜が降りる前に室内に取り込んで、室内の出来るだけ日当たりで管理してください。

真夏の管理場所について
ずっと戸外の日当たりで管理していたら真夏の直射日光にも負けませんが、風通しが悪いと蒸れて枯れこんでくるので風通しのよい半日蔭に移動させるのが良いです。

夏に店舗で購入した直後や室内で管理していて、急に戸外に出すと葉焼けしやすいです。戸外の日陰→戸外の半日蔭→日向で10日づつ慣らしていってください。
冬の管理場所について
ブーゲンビレアは冬になると寒さにあたって葉っぱをパラパラと落としますが、霜にあたらなければまた春には芽を出します。
ブーゲンビレアの耐寒温度は5度で、昼間に人がいて暖房をかけるリビングなら5度以下になることはほぼ無いです。ただ窓は外気に近く、ここに置いてある場合で寒波が来るときは窓から離してください。寒くて枯れてしまいます。
●5度だと葉っぱが落ちます。
●九州では戸外で越冬する。

また10度以上だと冬でも花が咲きます。10度以上というのは床暖房でもなければ一般家庭では無理です。
ブーゲンビレアが戸外の地植えで越冬することもあります。霜が当たらず、気温が0度以下にならないのが条件です。冬は室内で管理するのが普通です。

地面の上には鉢を置かない
鉢植えのブーゲンビリアを地面(土)の上に置いておくと、根っこが張ってしまい、秋に取り込むときに大事な根を切らなくてはいけなくなり、株が弱ってしまうことがありますので、地面に置かないようにしましょう。
スポンサードリンク

その他


開花の条件…雨季と乾季を作る
ブーゲンビリアは雨季と乾季のある地域の植物で、乾季にあって花芽が出来ます。よって水をジャンジャンやっていると花が少なくなります。気温が上がってきた時に水を控えて、葉っぱが萎れるくらいに控えてから水をやるようにしてやると花が咲きやすくなります。
他の開花の条件…日光と肥料
とにかく日光が必須です。日光が不足すると開花がなくなります。あと、肥料が多いと葉っぱが茂るばかりで花が咲きません。


剪定
花が終わったら、伸びた枝を適当に切戻すと翌年に花芽がつきやすいです。剪定は9月までにはしてください。伸びすぎた枝はいつでも落としてください。枝を落として、内部まで日光が入るようにすれば開花しやすくなります。
ブーゲンビリアは枝を誘引して広げていくことで、日が入る場所に開花しますから、誘引して日が当たるようにしてやります。
●花芽が出来るのは随時で、何月に出来るというのではなく、気温が10度以上で株が充実していればいつでも咲きます。ただ最低気温10度以上なので、通常管理していれば4月以降から花芽ができます。

花は落ちるもの
ブーゲンビリアを買ったら、色も鮮やかだし花がいっぱいだし嬉しいなーと思っていたら、ポロポロと花が落ちていきます。なんだか寂しいですが、ブーゲンビリアは環境の変化に弱いのと、花に対して葉っぱが少なすぎることが多いので、最初に花がポロポロと落ちてしまうのは「しょーがない」と諦めて、その落ちた花をガラス器に浮かべて飾りましょう。涼しげでいいですよ。

アブラムシが発生
稀ですがアブラムシが発生します。

棘について
ブーゲンビリアのトゲは「花(苞)」になれなかったものです。花が少ないとトゲが増えます。よって日光をしっかりとあて、乾燥気味に管理し、肥料を減らせば、トゲは減ります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承



ブーゲンビリアの名前は1768年にブラジルでこの木を見つけたフランス人探検家「ブーガンヴィル」に由来しています。鮮やかなピンクの花に見える部分は実は葉っぱが変化したもので、花はその中にある白い部分です。

トゲが生えているので気をつけてください。
流通は減少
華やかで南国風の立ち姿がギフトに人気でしたが、花が落ちること、トゲがあることなどから徐々に流通しなくなっています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ブーゲンビリアの関連記事

オシロイバナ科の仲間


オシロイバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用