プルンバーゴの育て方

MENU
TOP>イソマツ科>プルンバーゴ

プルンバーゴ(ルリマツリ・プルンバコ)

プルンバーゴ
科名イソマツ科
学名Pulumbago
別名ルリマツリ・プルンバコ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日当りのいい場所に植え付けたら、夏の間咲いてくれます。直射日光やコンクリートの照り返しにも強いので、安心して植えられます。プルンパーゴ(ルリマツリ)は上へ上へと伸びていきます。放置しておくと2メートル以上に育ちますので、適当なところで、先を切ってください。そうすると脇芽が出てきて株が大きくなります。

春から夏の長期間に花が咲き、涼しげな淡く青い花を咲かせる落葉低木扱い。本来は常緑なのですが、冬の寒さで落葉します。
スポンサードリンク

水やりと肥料


鉢植えにした場合、水を好みますので、乾きやすくなります。特に真夏は乾きやすいので朝と夕方の二回、水をやってください。それでも土が乾いて水切れになるようであれば、半日陰に移動させてください。

庭植えの場合は植え付け直後に水をやればあとは、降雨だけでも十分です。ただし、冬の霜よけに軒下に植えた場合は雨が当たらないので、水は適宜やる必要があります。

鉢植えの場合も、庭植えの場合も、冬は成長が止まりますので、土が乾いてから数日たって水をやる程度にしてください。冬に水をやりすぎるとカビて枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土6腐葉土4を混ぜたものか、市販の花と野菜の土で植え付けをします。

挿し木で簡単に増えます。剪定したときに余った枝を土に挿しているとドンドン増えます。あまりに簡単に増えるのでありがたみが薄いかもしれません。

生育期の春から夏に掛けては液肥を週に一回程度あげてください。もしくは春に置き肥をします。肥料が切れると花つきが悪くなります。長くワンワンと咲き乱れますので肥料が切れないようします。とはいえ、肥料が切れても別に枯れるわけでは無いです。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。暑さに強く、直射でも問題ありません。基本的に頑健。大きく育ち、ツル状なので、何かに絡ませます。

10度以上を保てば冬も周年開花するらしいです。一般的には冬は落葉する落葉低木扱いです。霜にあたったり土が凍結すると枯れますが、関東以西であれば軒下で越冬も可能。冬の間は葉っぱが落葉します。枯死しなければ、春になれば新芽が出ます。

特徴・由来・伝承

プルンパーゴとかルリマツリと呼ばれます。昔からルリマツリと呼ばれていましたが、最近では学名のプルンパーゴ(プルンパゴ)の名前での流通も増えています。

めちゃくちゃ暑いこの日本の夏でも直射日光に負けずに花を咲かせるありがたい植物。ただ、鉢植えの場合は水切れになりやすいので、庭植え推奨。

ルリマツリのルリは「瑠璃」つまり青い花色から、マツリはマツリカ=ジャスミンの花に似ていることから。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

イソマツ科の仲間


イソマツ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用