ラムズイヤーの育て方

MENU
TOP>シソ科>ラムズイヤー
スポンサードリンク

ラムズイヤー(ワタチョロギ)

ラムズイヤー
科名シソ科
属名イヌゴマ属
学名Stachys byzantina
別名ワタチョロギ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬の寒さには強いが夏の多湿に弱い
日当りのいい場所が好ましいです。日光に良く当ててください。ただし、ラムズイヤーは高温多湿に弱くて、真夏の暑さと蒸れて枯れてしまうことが多いです。そこで、真夏だけは半日陰に移動させるか、日除けのすだれをかけてやって暑さ対策をしてあげないといけません。また梅雨の長雨にも蒸れてしまいますので、この時期は軒下に移動させてやらなくてはいけません。

反面冬の寒さには強く、防寒対策は必要ありません。しかし土が凍るほどの寒冷地では防寒が必要です。
花が咲くと株が弱る
夏前後は風通しをよくしないといけません。ですが夏には花を咲かそうとラムズイヤーは茎を伸ばして花穂をつけようとするので、風通しが悪くなります。そこである程度咲いたら、収穫してしまいましょう。ラムズイヤーはハーブなので、乾燥させてポプリなどにしてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱い
ラムズイヤーは乾燥気味の環境を好み、湿気が多いと蒸れて傷んでしまいますので、水をやるときは、土の濡れ具合を確かめてから水をやってください。土が乾いていないうちに水をやっていると、蒸れて枯れてしまうことがあります。
肥料
肥料をあげすぎると傷みます。ほとんど必要ありません。生育期に繁殖力が弱いなと感じたら、薄い液肥を与えてみてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で
水はけのよい土を好みます。市販の花と野菜の土(培養土)か、これに赤玉土や川砂を混ぜて水はけをよくしてから植えます。
酸性土壌を嫌う
酸性土壌を嫌うので、庭植えする場合は植え付けをする一週間前までに土に苦土石灰を混ぜて中和させておきます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好むが夏の高温多湿が苦手
戸外の日当たりか半日陰で管理します。耐寒温度はマイナス10度と寒さには強く、土が凍るほどでなければ防寒も必要ありません。寒さをものともせずに繁殖してくれます。問題は夏の暑さです。夏だけは半日陰の涼しいところで管理します。
庭植え(地植え)するなら半日陰に
庭植えにする場合は夏を考えて年間を通して半日陰の涼しいところで管理します。

その他

ウドンコ病やアブラムシにやられます。

特徴・由来・伝承

トルコ・アルメニア・イランが原産のシソ科の植物。モフモフとした白い毛に覆われた触ると気持ちいいハーブです。ラムズイヤーとは「子羊の耳」です。ピッタリの名前です。初夏から秋に紫色の花を咲かせます。この花もかわいいですが、メインはあくまで葉っぱです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用