ダイコンドラ・セリケアの育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>ダイコンドラ・セリケア
スポンサードリンク

ダイコンドラ・セリケア(ディコンドラ)

ダイコンドラ・セリケア
科名ヒルガオ科
属名Dichondra
別名ディコンドラ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ダイコンドラ・セリケアはダイコンドラ・ミクランサムとは近縁ですが、育て方が若干違います。ミクランサムは日本にも自生しているくらいに環境にあっていますが、セリケアは乾燥気味の環境を好み、蒸れると傷んでしまいます。同じように育てると、セリケアは加湿で枯れてしまいます。
花は小さく目立たない
花も咲くのですが非常に小さく目立ちません。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水を
土が乾いていたら、水をしっかりとあげてください。土が乾かないうちに水をやると蒸れて傷んでしまいます。
梅雨から夏は蒸れやすい
梅雨から夏にかけて、非常に蒸れやすくなりますので、長く伸びた茎をこの時期に刈り込んで風通しを良くしてしまいましょう。そうすることで、蒸れにも強くなりますし、涼しくなってから脇芽が生えてきて、株の形が立派になります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販している花と野菜の土に川砂を混ぜるか、ハーブの土で植え付けをします。ディコンドラ・セリケアは水はけのよい土で植えてください。

管理場所・日当たり

日当たりのいい乾燥した場所が適しています。ジメジメした場所では過湿で腐ってしまいます。日当たりには強く直射日光が当たるのは問題ありません。

関西以西で軒下などで霜よけが出来るならば、戸外での越冬が可能です。

特徴・由来・伝承

ダイコンドラはディコンドラとも呼ばれます。これはラテン語読みと英語読みの違いです。またダイコンドラはヒルガオ科で大根とも関係はありません。

ダイコンドラ・セリケアについてこのページでは述べています。近縁種であるダイコンドラ・ミクランサムとは、育て方が若干育て方が異なります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用