デルフィニュームの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>デルフィニューム
スポンサードリンク

デルフィニューム(千鳥草・デルフィニウム)

デルフィニューム
科名キンポウゲ科
学名Delphinium
別名千鳥草・デルフィニウム
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋に種を植えるか、春先に花屋さんで苗を販売されるのでこれを植えるかします。

夏の暑さに弱いので、夏越えが出来ないとよく言われますが、寒冷地では何もしなくても夏越し可能ですし、暖地であっても場所によっては風通しのいい場所で管理すると翌年も咲きます。

寒さには強いので防寒は必要ありません。
まとめ
●寒さには強いが暑さに弱い。
●寒冷地以外では夏までに枯れるのが普通。一年草扱い。
●寒冷地向きの植物。
●花が咲き終えたら切り戻して、次の花に栄養を回す。
●支柱が必要。
●環境が合えば、育てるのは難しくない。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をタップリとやってください。水をやる場合は出来るだけ、花や葉っぱや茎に掛からないようにしてください。水が掛かると花はしぼみやすくなりますし、梅雨以降に葉っぱや茎に水が当たると、蒸れて傷みやすくなります。
肥料
市販の土にはあらかじめ肥料が入っています。それだけでも育ちますが、大きく育つタイプではこれだけでは不足します。そこで植えるときに元肥として堆肥腐葉土と化成肥料をやっておき、花が咲く頃に緩効性肥料か液肥を追加してください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土を好みます。小さいタイプは鉢植えでいいですが、大きな品種は庭植えが必須です。
土の配合例
●市販の培養土6に腐葉土3と堆肥1を混ぜて(大きく育つ品種や寒冷地で長く育てるつもりの場合)
赤玉土7腐葉土3。
●市販の土をそのまま使う。

植える時期について
秋に種子を蒔くか、三月から四月に苗が出るのでこれを植えて楽しみます。
支柱が必須
太い幹に見えますが中は空洞です。強い風でポキっと折れてしまいます。支柱を立てて防ぎましょう。
植え替え
寒冷地で育てた場合、何年か経つと大株に育ちます。そのままにしていると痛んでしまいますので、掘り起こして株分けして緩やかに植え替えをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりの良い場所で管理します。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。デルフィニュームは冷涼な高山に育つ植物で日本の夏の暑さには枯れてしまいます。特に暖地では厳しいです。よって、最初から「夏には枯れる」ものとして日当たりに植えると良いです。
●暖地でも夏に日陰になるようなところならば、品種にもよりますが夏越しすることがあります。
●寒冷地では夏越しは可能で、年々株が大きくなります。
●寒冷地でも夏に西日が当たったり、根元に日があたると枯れてしまいます。日陰を作ったり、根元にマルチングをして暑さ対策をしてください。
●あまりに寒い寒冷地では真冬に凍って枯れることがあります。それも腐葉土や藁でマルチングすれば越冬は可能です。
スポンサードリンク

その他

ウドンコ病が5月前後、花の咲く時期に発生します。ウドンコ病になった部位を早く切り捨て、処分してください。

ナメクジも発生します。
ナメクジは捕殺するか、飲みかけのビール缶を置いておいてワナにします。ビール酵母に寄せられたナメクジが缶の中で溺死します。溺死する程度のビールを残しておかないと、ナメクジが集まるだけになります。
摘芯というか切り戻し
最初の花をそのまま放置していると種子を作ろうとして、最初の花に栄養が行きます。すると次の花が咲きづらくなります。そこで最初の花は早めに切って切り花として楽しんで、脇から出てきている次のつぼみにエネルギーを注ぐようにします。

暖かい地域では早めにデルフィニュームは枯れてしまいますが、寒冷地では長い間、次の花、次の花が咲きますので、その度に切り戻しをして花を楽しみます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

デルフィニウムの語源はギリシャ語のイルカ…「Delphis」から。つぼみの形がイルカに似ていることから。多年草ですが、夏の暑さに弱いために一年草扱いになりますが、決して夏越しが出来ないわけではありません。

アルカロイドの一種であるデルフィニンを含んでいて、食べると下痢・嘔吐を起こし、場合によっては死亡することも。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用