アグロステンマの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>アグロステンマ
スポンサードリンク

アグロステンマ(ムギセンノウ・ムギナデシコ)

アグロステンマ
科名ナデシコ科
学名Agrostemma
別名ムギセンノウ・ムギナデシコ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方のまとめ
●秋に種を蒔くか、春に苗を植える一年草
●割と人気。切り花としても人気。
●終わった花を摘むと長くよく咲く。
肥料は控える。
●過湿に注意する。
●こぼれ種で来年も咲くことが。
●グングンと伸びるのですが、支柱がないと倒れるので早めに支柱をあててください。

非常に頑健ですが、まだ出回っていない植物です。痩せた土が適していますが、基本的には何処にでも生えます。秋に撒いた種が春に咲く一年草です。

水やりと肥料


肥料は控えましょう
痩せ地が適しています。
肥料をやりすぎると、伸びすぎて、尚のこと倒れやすくなります。植え付けの時点で緩効性肥料を入れておけば、それで十分です。市販されている土で植えつける場合は土にあらかじめ肥料成分が入っていますので何も加えなくて十分です。
水遣りの注意点
土が乾いたら水をタップリとやってください。
その際、水は根元に上げてください。密生して蒸れやすく、茎に産毛が生えていて、水がとどまり、そこから傷んでしまいやすいからです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

秋に種を撒くか、苗を購入して植え付けをします。
霜が降りるまでに植え付けをして根を張らせないと寒さに弱くなります。
寒さにはある程度耐性がありますが、寒風が強く吹きつける場所や霜が降りる地域では霜よけ・防寒が必要になります。
●苗が根を張り切ってない状態で霜ばしらが立つと根が傷んで枯れてしまいます。持ち上がらないように株を押さえつけてください。もしくは腐葉土を敷いて防寒しましょう。

こぼれダネでも
花が咲いて、放置していると種子が出来て、こぼれ落ちます。この中から来年発芽して花が咲きます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で、強い風の吹かない場所が適しています。土は水はけのよいもの。アグロステンマは細い茎なので、割と草丈が高くなります。強い風が吹いていると、倒れやすいです。風が当たらない場所で管理しましょう。
寒さに強い
耐寒温度はマイナス3度。それでも霜に当たると傷んでしまうので、霜よけをしてください。

その他

終わった花を摘む
花が終わると、その花に種子をつけようと株がエネルギーを注ぐので、終わった花を摘むことで次の花が咲きやすくなります。これを「花ガラを摘む」と言います。花ガラを摘むことで、体力の消耗を防いで長く花を咲かせることができます。
風通しをよく
風通しが悪いと、蒸れて腐ってきます。密生しているようなら間引きましょう。また、枯れた葉っぱは取り除いてください。茎に産毛が生えていて、過湿になると腐りやすいです。

特徴・由来・伝承

ヨーロッパではムギ畑に生える雑草です。秋に種を撒いて春に成長し花を咲かせる植物です。和名がムギセンノウなのはこのためです。細い茎と小さな花は野草!というイメージです。

細い茎、薄い花びら、繊細な容姿で最近人気。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用