敬老の日

MENU
TOP>風習>敬老の日
スポンサードリンク

敬老の日の起源・由来・雑学


敬老の日の由来は二つあると言われています。

一つは聖徳太子が四天王寺を建てる際に、設置した「悲田院」という今で言う「老人ホーム」が建てられたのが「九月十五日」だったとされる説です。聖徳太子は当時大陸の文化を取り入れることに熱心で「一流の国家は福祉も一流でなくてはならない」という考えの下に「悲田院」を建てたというのだから、進歩的にもほどがあるというほど、進歩的ですね。

もう一つは、元正天皇が「養老」の故事にならって元号を「養老」としたのが9月15日だったという説です。養老というのは親思いの青年が祈ると霊泉から酒が沸いて、その酒を飲んだ父親が元気になったというお話です。

制定の経緯

しかし、実際に敬老の日が祝日として制定された経緯というのは・・・

昭和22年35歳の若さで兵庫県多可郡旧野間谷村(現・八千代町)村長、門脇政夫さんが「今後は年寄りの知恵を借りて村づくりをしていきたい」という考えの下、9月15日を「年寄りの日」として、村役場を村長権限で休みにし、地域の老人を集めて「敬老会」という慰労会をしたことが評判となり、昭和25年には兵庫全体に広がり、昭和29年には国民の祝日に制定されたようです。

ちなみに、村長の後日談によると9月15日に決めた理由は「農閑期で手が空いていたから」だということ。
スポンサードリンク

意味(推測)

9月9日は重陽の節句と言われ、菊の酒を飲んで長寿を祝う日です。

秋の七草」は単に秋に生える植物を羅列したものではなく、滋養強壮の効果のある漢方と言われています。

この時期は冬を迎えるために、もともと栄養を付ける慣習のようなものが古来からあったのではないでしょうか??

9月の初旬は植物が実をつけると同時に、人間にとっては厳しい冬の準備を始めなくてはいけません。この時期に栄養をつけたり、体の調子を整えるということは昔からの日本人(もしくはアジアの)の知恵だったのではないでしょうか?
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

敬老の日の日記

風習の仲間


風習の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用