オミナエシの育て方

MENU
TOP>オミナエシ科>オミナエシ

オミナエシ(女郎花・チメグサ・ハイショウ)

オミナエシ
科名オミナエシ科
属名オミナエシ属
学名Patrinia scabiosaefolia
別名女郎花・チメグサ・ハイショウ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


オミナエシは地下茎を伸ばし横に広がっていく性質があります。地植えにした場合は問題はないのですが、鉢植えにした場合、横に広がれずに地下茎が地上部に出てくることがあります。この出てきた地下茎を放置しておくと乾燥して株そのものが枯れてしまうことがありますので、地下茎に土を被せて乾燥させないようにしてください。
切り戻しをして草丈を抑えましょう
一定の大きさになったら(1メートルくらい)、切り戻しをしてしまいます。摘芯です。先を切り戻すことで脇芽を増やし結果、大きな株になります。またオミナエシは茎が弱いために強い風に当たると折れてしまいます。そこであまり大きくしないためにも摘芯をしてください。

水やりと肥料


土の表面が乾いたら、水をしっかりとやります。

地植えする場合は、水を毎日やる必要は無く、降雨だけで基本は大丈夫ですが、オミナエシは乾燥に弱いので、真夏などに乾燥するようであれば、水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土で植え付けをします。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所を好み、水はけのいい土を好みます。ですが、夏に直射日光を浴びていると土が乾き、生育に支障をきたします。オミナエシが自生する場所は、池の近くで、大きな木の下です。現在自生している場所は少なくなっています。
半日陰が適しています
直射日光がバリバリと当たるのではなく、年中を通して「木陰」「陽だまり」「半日陰」という場所で、土の水はけがいいが、乾燥しすぎない

環境さえ合えば、何もしなくても毎年咲いてくれます。

特徴・由来・伝承

蛍光塗料のような、鮮やかな黄色の花を咲かせる独特の雰囲気の花。なんともいえない臭い匂いがするので、敬遠することも多いですが、万葉の時代から愛された歴史のある花です。
秋の七草の1つです。
昔から漢方薬にも使われています。

花言葉:約束を守る

オミナエシという名前は女性を圧するほどキレイ、という意味とする説と、花が粟飯のようであることから「女性の飯」→「オミナ(女性)へし(飯の変形)」とする説があります。

ちなみにオトコエシはオミナエシよりも立派に見えるから、つけられたということです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用