カトリソウの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>カトリソウ
スポンサードリンク

カトリソウ(蚊取草・ニオイゼラニウム・カレンソウ・センテッドゼラニウム)

カトリソウ
科名フウロソウ科
別名蚊取草・ニオイゼラニウム・カレンソウ・センテッドゼラニウム
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


半日陰でも可。高温多湿が苦手
日当りのいい場所で育ちますが、半日陰のような場所でも大丈夫です。高温多湿が苦手で、梅雨や夏の湿度の高い状況が長く続くと最悪枯れることもあります。とはいえ夏越しが難しい、ということは無く、風通しが良ければ問題はありません。

真夏は出来れば半日陰に
暑さに弱いために真夏は半日陰に移動させてください。

植えつける時期は真夏と冬以外の期間です。カトリソウはそれほど繊細な植物ではありませんので、市販の土に植えつければ、あとは水と日光だけでも育ちます。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
土が乾いていたら水をやってください。鉢植えの場合は底から水が染み出すくらいにやってください。
カトリソウは乾燥気味の状態を好みます。水をやり過ぎると根が腐って枯れることがありますので、水のやり過ぎには注意してください。
肥料
肥料は週に1回薄い液体肥料をあげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土で植えつけ・植え替えを行います。一般的なゼラニュームの育て方と同じです。

管理場所・日当たり

冬の寒さに若干弱く、3度以下になると枯れてしまいます。暖地では露地で越冬可能ですが、寒冷地では室内に取り込む必要があります。また霜に当たると枯れてしまいますので、暖地で管理する場合も軒下などの下が当たらない場所で管理してください。

その他

カレンソウの虫除け成分は新芽から出ますので、ある程度伸びたら、切り戻しをすることで、新芽を出させるようにして、虫除け効果を高めてやります。放置しておくと、花も咲きますが、花が咲く前に切り戻ししましょう。
●新芽から虫除け成分が出やすいので、切り戻しをして新芽を出させる。
●風が通って揺れると虫除け成分が出るので、風通しが良いといい
●株が大きく育たないと虫除け効果は薄い。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ピンク・赤・白などの花を咲かせるセンテッドゼラニウム(ニオイゼラニウム)にシトロネラールという蚊が嫌う成分を出す遺伝子を加えた園芸品種。といっても、シトロネラールがどうとかということ以外はゼラニウムと同じ性質なので、ゼラニウムが育つ地域では簡単に増えます。

ただどのくらいの効果があるかは、よく分かりません。効果が分かるエピソードがあれば日記に投稿してください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用