クロトン・キラセンの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>クロトン・キラセン
スポンサードリンク

クロトン・キラセン(キンセンコウ・黄螺旋)

クロトン・キラセン
科名トウダイグサ科
属名クロトンノキ属
学名Codiaeum variegatum
別名キンセンコウ・黄螺旋
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


葉っぱにホコリが付きやすく、放置しておくと葉っぱが真っ白になるので、これを出来れば濡れたティッシュやタオルで拭くか、外に出して、上から水をバシャーとかけてホコリを取ってください。ホコリが付いていると、見た目が悪いですし、日光を遮ります。
出来るだけ室内でも日当たりへ
年中を通して、日当りのいい室内で管理するか、春~秋は戸外、冬は室内で管理します。戸外に出す場合は、寒くなる前に取り入れるようにしましょう。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
春~秋にかけては土が乾いていたら水をタップと与えてください。真夏は乾燥しますので、回数を増やします。置き場所によって水やりの回数は違いますので、何日に一回ともいえません。土を触ってみて、湿っているようであれば水はやらないでいいでしょう。
冬は水を控え、環境によっては葉水
10月以降になると成長が遅くなり、水の吸い上げは悪くなるので水は控えてください。水は控えるのですが、冬は暖房のおかげで乾燥しやすく、葉っぱに霧吹きで水を掛けてやって葉の乾燥を防いでください。乾燥しすぎると葉っぱが落ちます。仮に葉が落ちても木が枯れていなければ春には芽吹きます。
肥料
肥料は5月~9月の生育期に月に一回液肥をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは観葉植物の土で
赤玉土6ピートモス3川砂1を混ぜたものか、ホームセンターなどで売っている観葉植物の土を使います。観葉植物の専用土が何かと便利です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

冬は室内で管理
冬は10度を下回ると落葉します。10度以上を維持するのは温室でもないと不可能です。5度以下にならなければ枯死はしませんので室内の人が生活する場所の日当たりで管理しましょう。
暑さには強い
生育に適した気温が30度と非常に高温には強いです。直射日光にも強いです。熱帯地方では街路樹に利用されるほどです。

その他

ハダニが発生します。ハダニは乾燥すると発生しますので、一年を通して葉っぱに霧吹きで水を掛けてやるとハダニ予防になります。

特徴・由来・伝承

クロトンの花言葉は妖艶。
葉っぱを楽しむ観葉植物。クロトン・キラセンは黄色い附が入っていて、それが鮮やかで目に飛び込んでくるようです。

クロトンはマレー半島からオーストラリアの熱帯地方で生育する植物ですので、寒さに耐性が無く、戸外に出していて入れ忘れると、葉っぱが落ちて枯れてしまうこともあります。

日光が当たっていると、葉っぱの色が鮮やかになります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用