コナジラミ

MENU
TOP>病害虫>コナジラミ
スポンサードリンク

コナジラミとは

葉っぱの裏に住み、汁を吸って生育を阻害します。様々な種類の花木・野菜などに発生して、最悪枯らすこともあります。28日周期でタマゴから幼虫、さなぎ、成虫と成長するために、繁殖が早いので、早めに薬剤を散布してください。
栄養を吸う――それよりも
コナジラミは葉っぱの裏にくっついて植物の汁を吸うのですが、これによって植物が枯れるほどは吸いません。しかし、コナジラミの糞からスス病が発生して黒く変色します。この二次被害の方が甚大です。
白い虫が飛んでいませんか?
コナジラミが発生すると葉っぱの葉緑素が抜けて、白い斑点がポチポチと現れます。原因は葉っぱの裏から汁を吸っているからです。葉っぱをひっくり返すと幼虫がビッシリ。その上、植物を揺らすと白い虫がブンブンと飛んだら間違いなくコナジラミです。
スポンサードリンク

駆除方法

農薬を散布しましょう
コナジラミ対応の薬剤を撒きますが、ただ振りかけてもダメです。成虫に直射して、そして葉っぱを裏返してしっかりと幼虫にも薬剤を掛けてください。
ただしコナジラミ駆除剤は幼虫と成虫には効いても、タマゴとさなぎには効かない、というパターンで、1回散布しただけでは完全駆除は出来ず、放置しておくと元の木阿弥。そこで何回も散布します。
黄色い粘着シートで
コナジラミは黄色いものに誘引される性質があり、コナジラミ対策として黄色い粘着シートを販売しています。ピタピタとくっつきますが、これで全滅する訳も無いので発生する前の予防と考えましょう。

さよなら

冬は寒さで姿を消しますが、別に消えたわけではなく単に見えないだけです。春になるとまた発生しますので、居るうちに完全駆除を目指しましょう。

コナジラミが発生すると、野菜類は生育不良になり、トマトなどは色が抜けたようになります。

予防法

コナジラミの予防は葉水
葉っぱに霧吹きで水を掛けてやるのが一番の予防方法です。コナジラミは乾燥する高温期に発生しやすく、よく見かけるオンシツコナジラミは名前の通り、温室のような場所で発生します。これはひっくり返すと、雨に当てると予防できるということです。
水をかけるときは葉っぱの裏に
水を葉っぱの裏に掛けると予防できます。
雑草をマメに駆除します
コナジラミは日ごろ雑草に潜んでいます。ここからあなたの植物に移ってきます。なので周囲の雑草を駆除すると発生を抑えることが出来ます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用