ホワイトプリンセスの育て方

MENU
TOP>モクセイ科>ホワイトプリンセス
スポンサードリンク

ホワイトプリンセス

ホワイトプリンセス
科名モクセイ科
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日当りを好みますが、明るい日陰程度ならば枯れずに育ってくれます。ただ日当りがいい方が花つきがよく、成長も早いので一般的には日当りで管理します。

新しい枝先に花が付きますので、伸びた枝の何本かは切り戻してください。すると脇芽が出てきたその枝先に花が付きます。切り戻しをすると当然開花時期は遅れますが、花つきは非常によくなります。また切り戻しをすることでコンパクトにまとまります。

原産地は熱帯なのですが、寒さにもある程度の耐性があって、軒下で霜が当たらなければ戸外でも越冬可能(ただし関東以西)という報告もあります。ですが冬は室内で越した方が無難です。

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりとやってください。鉢底に水が溜まっていたら水を捨ててください。春は二日か三日に1回程度、夏は毎日、真夏のカンカン照りのときは朝と夕方の二回の水遣りが必要になります。
冬は水を吸い上げる力が落ちますので乾燥気味に管理してください。置き場所や環境によりますが、冬は一週間に一回程度を目安にして下さい。

肥料は生育時期に液肥を二週間に1回ほどあげてください。ただ、肥料をさほど必要とする植物ではないので、あげなかったから枯れるということはありません。ですが、肥糧が切れると花が終わってしまいます。
植物の状態を見て、真夏の暑い時期に肥料は休むなど、適宜やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けするか、赤玉土腐葉土4を混ぜたもので植え付けをします。根はほぐさないで植えつけます。

管理場所・日当たり

春と秋は日当たりか半日陰で管理します。夏に日当たりで管理していると葉焼けするなら、半日陰か日陰に移動させます。特に西日にあてると、どうも葉焼けしてしうみたいです。
耐陰性があって、半日陰でも少々日陰でも枯れません。といっても、日が少ないと花が少なくなりますし、株も弱くなりますので、出来るだけ日当たりで管理します。

冬は室内で管理します。寒さにもそこそこあり、関東以西の軒下なら越冬可能。といっても室内の日当たりで管理したほうが無難です。

その他

病気にはかかりにくいです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

温度さえあれば、春~秋まで咲くジャスミンの仲間。

つる性で切り戻しをしないでいると何メートルにも育ちます。切り戻しをしてコンパクトにしたほうが何かと管理が楽です。

一般的な鉢植え植物と同じように育てていれば春から秋に掛けて花が咲き続けます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

モクセイ科の仲間


モクセイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用