アジアンタムの育て方

MENU
TOP>ワラビ科>アジアンタム
スポンサードリンク

アジアンタム(ホウライシダ・クジャクシダ)

アジアンタム
科名ワラビ科
属名ホウライシダ属
学名Adiantum
別名ホウライシダ・クジャクシダ
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●意外と難しい。すぐチリチリになる。
●環境が合えば、手間がかからないし、よく増える。
●水が切れるとチリチリに。
●冷暖房の風が当たるとチリチリに。
●室内の直射日光の当たらない場所か、戸外の日陰で管理。
●生育期に肥料を。
●常緑だけど、地上部が枯れてもちゃんと管理していれば春には芽がでる。

長年愛される観葉植物ですが意外と難易度が高い
観葉植物として長く愛されているアジアンタムですが、案外と枯らす人が多いのも事実です。見た目に反して育てるのは意外と難しいです。
乾燥に弱い
枯れる原因は水切れと乾燥です。アジアンタムは非常に乾燥に弱く、水切れ、温風が当たった、室内の乾燥で、しおれます。しかも一度しおれるとその部分は復活不可能です。根本から切ってください。
旅行に行く前にお風呂に移動
一週間くらい旅行に行くならば、不在の間に水切れを起こしますので、鉢に水をしっかりとやって、湯船に水を張って、風呂場にアジアンタムを置いておきます。湿度の高い状態を作っておけば大丈夫です。
冬は風呂場が寒くなりますので、この手法では寒さで枯れてしまいます。そこで、室内の暖かい場所でアジアンタムに水をやり、透明なビニール袋をかぶせて似たような環境を作ります。
スポンサードリンク

水やりと肥料


アジアンタムは水切れ注意
水を切らさないようにしてください。アジアンタムは春~秋に空気中の湿度が高いほど成長しやすい性質があり、乾燥すると葉っぱが痛みます。一般家庭の室内ではアジアンタムにとっては乾燥状態なので、年間を通して霧吹きで葉っぱに水をかけてあげましょう。霧吹きしないと高確率でチリチリになります。
●水切れすると枯れますが、かといって水を頻繁にやりすぎると根腐れします。葉水と通常の水やりで湿度・水分補給のバランスを取ってください。
●土への水やりが過ぎると根腐れする。でも水が不足するとすぐにチリチリになる。うまくクリアするのが葉水です。葉水というのは葉っぱに水をかけることです。霧吹きで水をかけてあげてください。
●土の表面が乾いていなくても水をやってください。受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。
●湿気を好みますので旅行に行っている間に枯れた…ということもあります。旅行に行く前にお風呂にアジアンタムを移動し、浴槽に水を張っておく…という手もありますし、ホームセンターには、ゆっくりと水を注いでくれる簡単な用具もあります。
●地上部がほとんど枯れても、水をやっていると芽吹いてくることがあります。結構しぶといです。

受け皿の水について
よく受け皿の水を捨てるように書いてあるのですが、季節によります。夏は気温が高く蒸発が激しいので、多少受け皿に水が残ってるくらいの方がチリチリになりにくいです。春から夏に関してはチリチリになるリスクの方が根腐れのリスクより大きいので、受け皿の水はそのままでいいです。冬は受け皿に水が溜まっているようだと根腐れを起こします。
肥料
生育期に液体肥料を二週間に一回程度あげます。肥料が濃いと根が痛みます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は市販の培養土
植え替えは市販の培養土で行います。もしくは培養土に川砂を2割混ぜたものを使います。植え替えは2年に一回程度。根が詰まってくると葉っぱに色が薄くなります。鉢の底から根が出ていたら植え替えをしましょう。
●葉っぱの色が薄くなるのは日光が不足してもなる。
根詰まりすると新芽が出にくくなり、出てもクシャっとなってる。

植え替えをするときは、鉢から取り出したら三分の一ほど土を落としてから新しい土で植え替えをしてください。黒い根は腐ってます。黒い根はできるだけ取り除いてください。白い根は健康です。
素焼きの鉢は蒸発が早く良くない
素焼きの鉢は表面に小さな穴が空いていて、そこから水が出て行きます。それで水切れにやりやすく、アジアンタムがチリチリになりやすいです。できればプラスチック鉢などの通気性の悪いものを利用します。
●おしゃれな素焼きの鉢に植えたいでしょうけど、我慢です。

管理場所・日当たり

直射日光は危険。
春~秋にかけては室内の明るい場所か、明るい戸外の日陰で管理します。室内の場合はクーラーや扇風機の風が当たらないように気をつけましょう。チリチリになります。
●直射日光に当てていると、葉っぱがチリチリになって枯れてしまいます。
●アジアンタムの適した環境は「適した湿度」と「適した空気循環」。
●空気循環というのは、それなりに空気が滞留していて風がある状態。でも、冷暖房はダメ。冷暖房の風が当たらないように。

日当たりはダメだけど完全な日陰もダメ
森の湿度の高い木の根元に生える植物ではありますが、日光なしに育つということはないです。完全な室内ではなく、室内でも窓のある明るい場所。ただし、直射日光は当たらないようにします。
●環境が変わると葉っぱが落ちやすい。一度移動させたら二週間ほどは動かさないで様子を見ましょう。

寒さには弱いが…
生育温度(耐寒温度)が7度以上と寒さに弱いですが、人が生活する場所で管理してやれば充分越冬できます。冬は窓辺に置いて、カーテン越しの弱い光に当ててください。
●ちょっと寒さに当てると新芽が出やすい。寒さは冬の寒さというわけじゃなくて秋口の寒さでも新芽が出やすい。
スポンサードリンク

その他

アジアンタムの葉っぱがポロポロ落ちる?
アジアンタムは環境に合わせて葉っぱを変えるということをします。購入して家に置くと、環境が変わったと思って、その環境に合わせて葉っぱを変えることがあります。一時的に、葉っぱがチリチリとなりますが、マメにむしっていると、元通りになります。
雑記
●新芽をダンゴムシが食べる。
アブラムシも発生する。
●猫が新芽を食べる。

特徴・由来・伝承


葉っぱのウラのブツブツは胞子
葉っぱのウラに気持ち悪いブツブツが規則正しく並んでいます。虫の卵のように見えますが、コレは胞子の袋。健康なアジアンタムの証です。気にしないでください。
●虫の卵だと思ってバッサリ切った人もいます。

緑のモサモサのかわいいやつ。アジアンタムは葉っぱの裏に付けた胞子で子孫を増やすワラビ科の植物です。

名前はギリシャ語の「濡れない」から来ていて、アジアンタムは水をはじいて、葉の表面が濡れません。

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アジアンタムの関連記事

ワラビ科の仲間


ワラビ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用