クリスタルグラスの育て方

MENU
TOP>カヤツリグサ科>クリスタルグラス
スポンサードリンク

クリスタルグラス(フィシニア)

クリスタルグラス
科名カヤツリグサ科
属名フィシニア属
学名Ficinia truncata
別名フィシニア
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


非常に寒さに強いので冬越しに関しては冷寒地でない限りは問題ありません。―5度以下になるような地域ならば、クリスタルグラスは室内に取り込んでください。

真夏は休眠する……という嘘
夏の直射日光にも抵抗がありますので、そのままでも大丈夫ですが、鉢植えにした場合は半日陰に移動させた方が良いです。真夏の水やりは早朝と夕方の二回。昔「真夏は休眠するから水はやらなくていい」と解説が載り、枯らせる人が続出したそうです。

カヤツリソウのような花
春にはカヤツリソウそっくりな花を咲かせます。

水やりと肥料

クリスタルグラスは乾燥しすぎるのは良くありません。根が傷んで最悪枯れてしまいます。水が切れないように土が乾いたらたっぷりと水をやってください。

真夏は朝と夕方の二回、水が必要になります。

冬は水を吸い上げる力が鈍くなりますので、水やりは少し控えることになります。土が乾いていたら水をやってください。

肥料
肥料は必要ではりませんが、薄い肥料をあげると成長が早くなります。肥料をあげる時期は春と秋。夏は暑すぎるために肥料をあげないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春と秋に植え付け、植え替え、株分けをします。夏は暑すぎて成長が鈍くなりますので、植え付けなどは避けます。

クリスタルグラスは根の成長が早いために、鉢植えにしていると根が張り、水を保持する機能が低下して乾燥しやすくなります。その場合は植え替えをしてください。そのほうが管理がしやすいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理して下さい。マイナス五度以下にならない地域ならば戸外で越冬が可能です。夏は半日陰に移動したほうが葉がキレイですが、そのままでも枯れません。

特徴・由来・伝承

クリスタルグラスは流通名で正式には「フィシニア」です。耐寒性常緑多年草、―5度まで耐えるために大抵の冬越しは可能です。。白いフが入っているのが美しくていいですね。見た感じリュウノヒゲにも似ていますが、背丈が30センチにもなりますので、グランドカバーと呼ぶには背が高いと思われます。葉全体が白くて小さな毛に被われているので、独特の質感があり、それがこのクリスタルグラスという名前の由来です。

2005年の横浜「ジャパンガーデニングフェア」で鳥山ガーデンさんが出展し注目を集めました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カヤツリグサ科の仲間


カヤツリグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用