ネコノヒゲの育て方

MENU
TOP>シソ科>ネコノヒゲ
スポンサードリンク

ネコノヒゲ(キャッツウィスカー・クミスクチン)

ネコノヒゲ
科名シソ科
属名オルトシフォン属
学名Orhosiphon aristatus
別名キャッツウィスカー・クミスクチン
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


熱帯地域の植物なので10度以下になると枯れます。
その代わり春から秋にかけて日の当たる場所で管理すると、よく咲きます。暑さと直射日光には強いので、水切れさえ乗り切れば真夏の庭を賑やかにしてくれます。花が真っ白で涼しげで夏にはもってこいです。


背も50センチ前後と程よい大きさです。

水やりと肥料

乾燥が苦手で、水が切れると生育が弱まってしまいますので、生育期間の間は水をしっかりとやってください。

春~秋にかけては肥料が切れないように液肥を週に1回ほどあげてください。肥料が切れると花が途絶えます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春に鉢植えか、庭植えします。用土は市販されている花と野菜の土か赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。

根を張るスピードが速く、根詰まりを起こすと、水切れしやすくなり、成長不良になりますので、冬越しが出来た場合、翌年の春には植え替えをします。

といっても、寒さに弱くほとんど一年草扱いです。春に植えて、夏に咲き、霜が降りたら枯れるケースがほとんどです。

管理場所・日当たり

戸外の日当たりで管理します。熱帯性の植物で暑さには耐性がありますが、日当たりが良すぎて乾燥して、水切れを起こしやすくなるかもしれません。水が切れると枯れてしまうので、水が切れないように夏は一日二回しっかりと水をやってください。

秋になり、冬になると寒さで枯れてしまいます。室内の10度以上の場所で管理すれば越冬出来ます。

その他

特に病害虫はありません。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

真っ白い特徴的な花を付ける植物。熱帯地域の植物で現地では毎年花を咲かせる多年草ですが、日本の冬の寒さには耐えられず、冬には枯れるものと考えて楽しんだ方が気が楽です。室内で管理すれば、越冬も不可能ではありませんが、苗も高くなく春に植えると長期間花を楽しめるので、翌年まで頑張って持ち越すより、翌年別の植物を植えたほうがいいです。

花といいましたが、花びらの部分は小さく、大きく反り返った部分は雌しべと雄しべです。
花の形がサルビアに似ています。

別名をクミスクチンといい、薬用があるために薬膳茶として飲用にすしていました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用