ユキヤナギの育て方

MENU
TOP>バラ科>ユキヤナギ
スポンサードリンク

ユキヤナギ(雪柳)

ユキヤナギ
科名バラ科
属名シモツケ属
学名Spiraea thunbergii
別名雪柳
みずやりたまにやる程度
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


根本から分かれて1メートルから1.5メートルくらいに伸びて弓の様に曲がり、その枝に穂状に花が咲きます。

ほぼ手がかからない
日当りがよく、風通しの良い場所で管理してください。日陰では花がつかなくなります。寒さには強いために戸外で植えっぱなしで構いません。ただし、秋に紅葉して冬には落葉して越します。
夏も直射日光などに気をつけないで大丈夫です。

水やりと肥料

庭植えして、あとは放置
ユキヤナギは基本的に庭植えするものです。水は降雨だけでじゅうぶんですので、日照りになって極端に乾燥しないかぎりは水をやる必要はありません。

肥料は二月と花の後に
二月の寒肥(カンピ)と、花の後にお礼肥として根本に固形の緩効性肥料をやります。肥料が少ないと花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水もちがよく水はけの良い――まぁ普通の土壌が適しています。極端に水はけが悪い、良いでなければ、そんなに気にすることはありません。あまり水はけが悪いなら川砂を入れ、水はけが良すぎるならば腐葉土を入れて、水もちをよくします。

管理場所・日当たり

日光を好み、日当たりがいい方が花つきが良い。西日があたらなければいいですが、当たったから枯れるというわけではありません。西日が当たるのであれば、水やりをふやすなどして対応すれば大丈夫です。

半日陰でも育ちます
花つきは悪くなりますが、それを気にしなければ問題はありません。

その他

花芽の分化は10月。10月以降に寒さにあたることで花芽を作ります。よって剪定はこれ以前に行い、コレ以降に剪定すると花芽を落とすことになります。

剪定のもっとも適した時期は花の直後
春に花が終わったらすぐに剪定を行います。ユキヤナギは古い枝はいずれ枯れてしまうだけなので、古い枝は根本から切ってしまいます。ユキヤナギは地面から生えた枝が曲線を描いて伸びる横姿が美しいので、枝を途中で切るのはやめておきましょう。

剪定しなくても花つきが悪くなるわけじゃない
枯れた枝がそのまま残りますので、これが見苦しいことと、枯れた枝や密生した枝で風通しが悪くなり、アブラムシカイガラムシやウドンコ病が発生することがあります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

中国原産とする説もありますが、日本原産と言われています。公園や庭先でよく見かけるのですが、自生種は絶滅危惧種に指定される地域もあるほど減っています。

別名はコゴメヤナギ・コゴメバナ。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用