カレックスの育て方

MENU
TOP>カヤツリグサ科>カレックス

カレックス

カレックス
科名カヤツリグサ科
学名Carex
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カレックスは緑に白い附が入っているのが良く見られますが、茶色いカレックスもあります。これが枯れているようにしか見えないのですが勿論生きているので、水やりを忘れずにしてください。
ミスカンサス
カレックスはカヤツリグサ科の植物です。ところがネットや店舗では「ミスカンサス」として流通していることがあります。

水やりと肥料

鉢植えの場合は、土が乾いて居たら水をしっかりとやります。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。
庭植えにしたら水やりはほぼ不要
庭植えにしてしっかりと根付けば、降雨だけで十分生育します。あまりに日照りがつづくようならば水をやってください。
冬は水を控えて
冬はさすがに生育が鈍くなりますので、水を控えるようにして下さい。
肥料は控えめに
春から秋の生育期にかけて薄い液肥を月に二回ほどあげると大きく育ちます。しかし肥料が多いと逆に生育が鈍くなるのでほどほどにしてください。肥料が無くても枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土で春に植え付けをします。カレックスの苗はあまり出回っていませんので、植える場合はネットで買った方が早いです。

管理場所・日当たり

丈夫に育つのは半日陰の場所です。ですが、ほかの条件でも育ちます。ただ、直射日光が余りに強い場所や乾燥する場所では葉っぱの先や縁が変色していきますので、サインだと思ってください。
暑さ寒さに強い
基本的に頑健で、寒さにも強い植物です。強いといっても戸外で越冬できるのは南関東以南で、寒冷地では寒さで枯れます。
スポンサードリンク

その他

カレックスを育てていると附の入っていない緑の葉が生えてくることがあります。これはカレックスが先祖がえりしているためです。実はこの緑のカレックスの方が性質が強いために、このまま株を放置しておくとキレイな附の入ったカレックスがドンドン緑の葉っぱに侵食されていきます。緑の葉っぱが出てきたら、株分けしてしまうか、その部分だけ分けてしまいます。

特徴・由来・伝承

根本から半球状に、細く長い葉を広げる植物です。葉っぱは細く硬く、気安く引っ張ったり触れると、指が切れてしまいます。性質は頑健、背丈が25cm~50cmになりますので、葉っぱが似ているリュウノヒゲヤブランのようにグランドカバーには使いづらいですが、寒さ暑さにも強いので寄せ鉢によく利用されます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

カヤツリグサ科の仲間


カヤツリグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用