ホワイトレースフラワーの育て方

MENU
TOP>セリ科>ホワイトレースフラワー
スポンサードリンク

ホワイトレースフラワー(ドクゼリモドキ)

ホワイトレースフラワー
科名セリ科
属名アンミ属
別名ドクゼリモドキ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


宿根草ですが、耐暑性が無いために一年草扱いの植物です。暖地では秋に種を捲き、寒冷地では春に種を捲きます。
草丈が高くなりますので成長してきたら、雨風に倒れないように支柱を添えてやります。

水やりと肥料


鉢植えの場合
土が乾いていたら水をしっかりとやります。過湿にすると根腐れしますので、水のやりすぎに注意します。土に触ってみて濡れているなら水はやりません。水をやるときは鉢底から水がしみ出す位にやります。
庭植えにした場合は降雨だけで
庭植えにしたら、植え付け直後に水をしっかりやったあとは、降雨だけで十分生育します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ホワイトレースフラワーは移植を嫌います。種を直に捲くか、ポットで苗を育てて早いうちに庭植えしてしまいます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

水はけのよい、日当たりのいい場所を好みます。それ以外はこれといった条件はありません。育てやすい植物です。初心者でも種から育てられます。
夏の暑さが苦手で、梅雨時期と夏に消えてしまうものと考えてください。

特徴・由来・伝承

人参の花にも似た白い文字通りレースのような花を咲かせます。小さな花が集まり、半円球の形を作っています。よく見ると、フラクタル図形になっています。レースフラワー全体は小さなレースフラワーが集まって出来ていて、その小さなレースフラワーも更に小さなレースフラワーの集まりで……。
切り花としても人気があります。

別名のドクゼリモドキは水辺に生育する植物で猛毒。ホワイトレースフラワーには毒はありません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用