フチンシア・アイスキューブの育て方

MENU
TOP>アブラナ科>フチンシア・アイスキューブ
スポンサードリンク

フチンシア・アイスキューブ(フッチンシア)

フチンシア・アイスキューブ
科名アブラナ科
学名Hutchinsia alpina
別名フッチンシア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


耐寒性が非常に強く、マイナス25度まで耐えられます。反面暑さと湿度に弱いので夏越えが問題になります。種まきは秋。
まだ新しい品種です
夏越しが出来るのかどうか?はまだ分かりません。ただ夏越しが出来たという話も聞きませんので、多分一年草扱いです。まだ新しいですがこぼれダネで増えることや草丈低くグランドカバー向きであることなど、これから人気が出そうです。
こぼれダネで夏越し
高温多湿に枯れますが、春に作った種子がこぼれダネで秋以降に芽を出します。

水やりと肥料

土が乾いていたらみずをしっかりとやります。土を指で触ってみて濡れているなと思ったら、水は控えてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土に植えてください。市販の培養土で植え付けをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

寒さには強いので防寒は問題ありませんが、暑さに弱いので暑さ対策して行く必要があります。
西日は避けます。夏は風通しのいい半日陰に移動するか、よしずなどで遮光してあげます。もしくは夏になると葉っぱをつける広葉樹の下などに植えます。夏は水を控えます。風通しをよくするために、葉っぱを間引いたり、切り戻しをしてあげます。

特徴・由来・伝承

ピレネー山脈・アルプス山脈の高原でカモシカの好物。キャッチコピーは「アルプスの花畑」。まだちょっと珍しい植物なので情報が少ないですが、知っている人は知っているので、入荷するとそこそこ売れる植物です。
草丈が低く、横へと広がることからグランドカバーとしても利用されます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アブラナ科の仲間


アブラナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用