サクラランの育て方

MENU
TOP>ガガイモ科>サクララン
スポンサードリンク

サクララン(ホヤカルノーサ)

サクララン
科名ガガイモ科
属名サクララン属
学名Hoya carnosa
別名ホヤカルノーサ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

室内の日当たりなど
日光を好むのですが、耐陰性もありますので、ある程度の日陰でも耐えられます。あまりに日光が不足すると、花が咲かなくなります。ただし、葉っぱに模様が入って綺麗なので観葉植物と考えれば、無理に日に当てないでも構いません。

耐寒温度は5度。暑さには強いので夏の暑さは気にしないでいいですが、真夏の直射日光には葉焼けしますので、室内や日陰に移動させてください。

ツルの先に花が咲く
ツルが伸びて邪魔になるかもしれませんが、サクラランは花が咲いた部分に翌年も花が咲きやすいので、咲き終わった部分を切らずにそのままにしておきます。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
サクラランは肉厚な葉っぱに水をため込む機能があって、乾燥に強いので、少々水を忘れてしまっても構いません、逆に水をやり過ぎると、腐って枯れてしまいますので、水のやり過ぎに気を付けてください。
冬は寒さで成長が鈍りますので、土が乾いてから数日経って水をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

サボテンの土か多肉植物の土で
根が詰まっているようならば、サボテンの専用土か多肉植物の土で植え替えをします。

管理場所・日当たり

夏の直射日光に注意
日光を好みますので、戸外で管理すると花つきがよくなります。真夏は直射日光に弱いので、真夏は日陰に移動させてください。

耐寒温度は5度
生育温度が5度以上なので、地域と管理場所によっては枯れることもあります。霜が降りる時期より前に室内に取り込んでください。

特徴・由来・伝承

肉厚の葉っぱ、つるを伸ばし、さくらにも似た花を咲かせます。名前にサクラとランという名前がありますが、サクラにもランにも関係のない、カガイモ科サクララン属の植物です。
花も非常にきれいで、香りもいいのですが、模様の入った葉っぱを楽しむ植物です。
サクラランは耐寒性(5度)があり、耐陰性もありますので、トイレの窓に飾ることも可能です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ガガイモ科の仲間


ガガイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用