子宝草の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>子宝草
スポンサードリンク

子宝草

子宝草
科名ベンケイソウ科
属名カランコエ属
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

子宝草と子宝弁慶は若干性質が違います。子宝弁慶は寒さに少しだけ強く、子宝草は比べると若干寒さに弱いとされています。ただし子宝草は少々個体差があるという報告もあります。
耐寒温度は5度~7度なので霜に当たると枯れます。冬は室内で管理するのが無難です。
葉っぱに沢山の子株が出来るので近所の人にあげるのもいいですね。

水やりと肥料

思ったより水切れに弱い
見た目が多肉植物にようなので、乾燥に強そうですが、案外水切れに弱いので、葉っぱがシワシワになるようでしたら水をあげて感覚を掴んでください。

春~秋は土が乾いているようであれば水をしっかりとやります。水をやり過ぎると根が腐りますのでやり過ぎには注意してください。また水をやるときは葉っぱに掛からないようにしましょう。土に静かに注いでください。
冬も一月に二回程度の水遣りが必要です。冬に水が少ないと葉っぱ全体がピンク色になります。別に枯れるわけではありませんが、サインと考えてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは二年か三年に一回
鉢の底から根が出ているようならば植え替えをします。用土観葉植物の土か、赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。

株が簡単に増えます
子宝草という名前にたがわず、株を増やすのは簡単で、葉っぱの縁に生える小さな子株を、そのまま植えている土(観葉植物の土)に挿しておくと、どんどん株が増えます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
日光を好みますので、できるだけ日当りのいい場所で管理します。夏の直射日光と湿気に弱いので、真夏は風通しのいい半日陰へと移動してましょう。子宝草は蒸れに弱く、株が小さい場合は蒸れで痛んで腐って溶けて消えてしまうことがあります。

霜に当たれば枯れます
冬の耐寒温度は5度。出来れば10度前後欲しいので人が生活する部屋の明るい場所で管理します。例としては窓辺です。ただし、窓の側は夜間になると外気が近いために氷点下に下がることがありますので、寒冷地で育てている場合は夜は室内の奥へと移動させてください。

特徴・由来・伝承

子宝草はベンケイソウ科の「胡蝶の舞(コチョウノマイ)」と「子宝弁慶(コダカラベンケイ)」を交配させた品種です。葉っぱの縁のくぼみに小さな葉っぱが出てきて、それがポロポロと落ちて株を増やしていきます。似たような植物でマザーリーフ(セイロンベンケイソウ)というのもあります。これは葉っぱが落葉してからも新芽を産むので余計に神秘的です。
コダカラソウとマザーリーフやコダカラベンケイは別種ですが育て方はほとんど同じです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用