ノウゼンカズラの育て方

MENU
TOP>ノウゼンカズラ科>ノウゼンカズラ
スポンサードリンク

ノウゼンカズラ(凌霄花・トランペットフラワー)

ノウゼンカズラ
科名ノウゼンカズラ科
学名Campsis grandiflora
別名凌霄花・トランペットフラワー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ノウゼンカズラは日光を非常に必要とします。花をしっかりと咲かせられるかどうかは日当りに掛かっています。日当りのいい場所に植えてください。
何かに這わせる
ノウゼンカズラはツル性で、何かに這わせる必要があります。日が当たらない反対側の部分にはツボミが付かないです。また藤棚のように仕立てると、棚の下側には花が咲かないので無意味。
コンクリートの壁でも構いません。フェンスやアーチなどの平面のものが好ましいです。
ツボミがついた枝でも長雨など何かの理由で日が当たらなくなったり、過湿が酷いとツボミがポロポロと落ちてきます。過湿が疑わしいと思ったら、まず水を控え、それでもダメなら枝や葉を間引いて風通しをよくしてください。
まとめ
●頑健で繁殖力が強く、植えない方がいいかも。

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いて居たら水をしっかりとあげてください。ノウセンカズラはどちらかというと過湿を嫌いますが、夏の開花期に水が切れると花が咲かなくなります。夏だけは水やりを毎日行ってください。
庭植えが推奨ですが…
ノウゼンカズラは庭植えがほとんどです。庭植えの場合は一旦根付いた後は水をやる必要はありません。ただし、花の時期である真夏は水を欲しがります。真夏は土が乾いているようであれば、水をしっかりとやってください。
●ノウゼンカズラは繁殖力が強くて「植えない方がいい植物」の一つです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

3月前後、暖かくなってから植え替えをします。新しい鉢植えを用意して、根から土を落として、古い痛んだ根を切ってから新しい土で植え替えます。

管理場所・日当たり


日当りのいい場所を好みます。直射日光や炎天下にも強いので、夏の暑さに関しては気にする必要はありません。猛暑で庭の花が休んでいるときでも、ノウゼンカズラだけは咲き乱れます。
マイナス5度以下で枯れるかも
冬はマイナス5度以下になると枯れます。寒冷地では鉢植えにして冬は室内で管理しなくてはいけませんが、暖地や平地ではこれといった防寒をしなくても戸外で越冬が可能です。

剪定について

剪定は3月までに
ノウゼンカズラの花芽は4月前後につきはじめますので、枝の剪定は3月までに行います。4月以降に剪定すると花芽を落とすことになります。剪定は昨年の夏に伸びた枝を残し、それ以前の枝は落とします。少々いじめても枯れることはありません。
●ノウゼンカズラを剪定するときは、ノウゼンカズラが邪魔になった時ですから、花の時期とか、そういうことはどうでもいい状態です。バッサリ行きましょう。

根本から切っても、また枝が伸びて生えて来ますし、除草剤を撒いてもなかなか枯れません。鳥が実を食べて、糞に混じって種子が落ちて植えても無いのに生えてくることも。
花が咲かない理由
肥料が多すぎる
●過湿(蒸れるとツボミが落ちる)
●4月以降に剪定した。
●日光不足
●まだ花が咲くほど成長していない

ノウゼンカズラは一定の幹の太さになるまで花を咲かせません。それまでは葉っぱが茂るだけです。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

つる性の木。夏から秋にオレンジや赤の大きな花を咲かせます。かなり頑健で放置していても、こぼれ種で周囲に広がることがあります。
花は一日花で咲くとその日のうちにしぼんでしまいますが、毎日次々と咲きます。
中国からニホンに入ってきたのは平安時代。幹から気根と呼ばれる根を伸ばしてほかの植物や垣根にしがみついて伸びます。
アメリカ原産のアメリカノウゼンカズラもあり、最近流通しているノウゼンカズラは中国原産のノウゼンカズラとアメリカノウゼンカズラの交配種が多いです。

寿命が長い木で豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったノウゼンカズラが現在もあります。
ノウゼンカズラの花とツボミの汁が目に入ると失明すると言われています(そういう歌が残っている)が、実際にはそんな成分はありません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ノウゼンカズラ科の仲間


ノウゼンカズラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用