ニゲラの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>ニゲラ
スポンサードリンク

ニゲラ(クロタネソウ・黒種草・ラブインナミスト)

ニゲラ
科名キンポウゲ科
属名ニゲラ属
学名Nigella damascena
別名クロタネソウ・黒種草・ラブインナミスト
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


花が咲いた後は種が出来ます。この種が翌年芽を出しますので、来年も楽しむ場合は、花がしぼんでも放置しておきます。ニゲラの花がしぼむと非常に汚く見えるのですが、ニゲラは実も観賞できる趣のある造形です。
耐寒性があり防寒する必要はありません。
まとめ
●秋に種を蒔いて、それが春に開花する。結実して枯れます。
こぼれダネでも増える
●寒さには強いが、土が凍るようだと根が傷んでしまう。
●夏の暑さに弱く、それまでには枯れる。でもこぼれダネでまた翌年も咲く、かも。
●多湿に弱いので、水のやりすぎに注意。

水やりと肥料


鉢植えの場合は土が乾いて居たら水をしっかりとやります。鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。ニゲラは水をやり過ぎると根が腐ってしまいますので、土が濡れているようであれば水はやらないで下さい。
庭植えにした場合は日照りが続かない限りは降雨だけで充分です。
肥料は控えめに
種を撒いて以降、二週間に1回程度液肥をあげますが、肥料を沢山あげると株が弱り、花付きも悪くなります。肥料は控えめが無難です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ニゲラは移植を嫌います。小さな苗のときに根を傷つけないようにして植えてやれば移植も可能です。そのために苗を植えるのではなく種まきをします。
一度根付くと毎年こぼれダネから生えてくるほどに頑健です。
●こぼれダネで増えた次世代は親世代の性質を受け継ぐとは限らない。

酸性の土を嫌う
ニゲラは酸性の土を嫌います。日本はどこでも若干の酸性土なので、植える前に石灰を混ぜ込んで中和させておきます。市販されている土は中和されていますので、その場合は必要ありません。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所に種を撒きます。暑さに弱く、初夏には消えてなくなります。寒さには強く、防寒の必要がありませんが、霜柱が立つと根が傷んでしまいますので、霜柱が発生する地域では根元にワラを敷くか、腐葉土を敷いて対策をします。
スポンサードリンク

その他

種を撒く場合、種を撒いたあとに土をしっかりと被せます(何センチかつもるくらいに)。ニゲラは「嫌光性」といい、光が当たっていると発芽しません。

特徴・由来・伝承

細い葉っぱに青や白の花が咲くニゲラ。雨に濡れるニゲラは幻想的な雰囲気があり、英名で「ラブインアミスト」…霧の恋人…という雰囲気のある名前が付けられています。日本ではクロタネソウ。実の中に黒くて小さな種が詰まっているからです。この実も独特の造形でドライフラワーや切花でも流通しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用