アスペルラ・オリエンタリスの育て方

MENU
TOP>アカネ科>アスペルラ・オリエンタリス
スポンサードリンク

アスペルラ・オリエンタリス(クルマバソウ)

アスペルラ・オリエンタリス
科名アカネ科
属名クルマバソウ属
学名Asperula
別名クルマバソウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋に種を撒いて春から初夏に花を楽しむ「秋撒き」と春に種を撒いて晩夏から秋に花を楽しむ「春撒き」があります。

アスペルラ・オリエンタリスは日本の夏の高温と湿度に弱いために真夏を挟む春撒きは寒冷地以外では難しいです。

水やりと肥料

湿気に弱いために、水やりに注意しないといけません。水をやりすぎると根が腐ってしまいます。土が乾いたらタップリやってください。乾いていない場合は水は控えましょう。

比較的乾燥状態の土を好む植物です。水をやりすぎると蒸れて傷んでしまいますので、水のやりすぎに注意してください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのいい土を好みます。市販されている花と野菜の土でも十分です。

管理場所・日当たり

<秋>日当たりに種を撒きます。適当にばらまけば発芽し広がってくれます。一旦発芽して増えると増殖は激しいです。

<冬>耐寒性は強いですが、霜に何度も当たったり、強い霜にあたると傷んで枯れることもあります。寒冷地では防寒が必要です。

<春>日当たりで管理していると、どんどん咲き始めます。

<夏>暑さで蒸れて消えてしまうことが多いです。寒冷地だと夏越しも可能です。夏越しに一生懸命にならずにまた種を撒いて増やした方が楽です。

特徴・由来・伝承

オリエンタリスとは「オリエント地方産」という意味でトルコあたりの地域を指します。
茎が倒れて育つために、匍匐しているように見えます。グランドカバーに使うこともできます。

●小さな星型の花が咲きます。

●あちこちに植えるのではなく群生させると見ごたえがあります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカネ科の仲間


アカネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用