プリムラポリアンサの育て方

MENU
TOP>サクラソウ科>プリムラポリアンサ

プリムラポリアンサ(プリムラポリアンサス)

プリムラポリアンサ
科名サクラソウ科
別名プリムラポリアンサス
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

10度から20度程度の気温を好みます。サクラソウ(プリムラ)なので寒さに強いイメージがありますが、霜に当たれば枯れますし、購入直後のプリムラポリアンサは温室で育てられて花を咲かしているので、寒さに抵抗がなく、いきなり戸外に出すと枯れることがあります。徐々に寒さに慣らしましょう。
寒さに慣れれば九州などの暖地では戸外で越冬も可能です。

花ガラを摘んで、つぎのツボミに日光を
花が終わったら花を摘んであげてください。ツボミに日光が当たらないと咲かずにしおれてしまいます。花ガラを摘むことで次のツボミが咲きやすくなり、絶え間なく咲かせることも出来ます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは土が乾いてから
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。土の状態をしっかりとチェックして水をやらないと過湿になり、根が傷むことがあります。

花と葉に水が掛からないように
水をやるときに花と葉に水がかからないようにしてください。花に水が掛かると花はしぼみます。葉っぱを持ち上げて、土に直接注ぐようにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土(培養土)で植え替えれば寄せ植えとしても楽しむことが出来ます。普通は冬に購入したポットやプラスチック鉢のままで春まで楽しんでおしまいですが、植え替えれば元気になります。

管理場所・日当たり

ポリアンサは他のプリムラ類よりも日光を好みます。冬は明るい部屋か、暖地であれば戸外の日当り。春以降は戸外の日当りで管理します。
夏は暑さで傷みやすく、

その他

病害虫と対応の農薬
アブラムシ→サンヨール液剤AL・モスビラン・トップジンMスプレー
ハダニ→サンヨール液剤AL
うどんこ病→サンヨール液剤AL
灰色かび病→モスビラン・トップジンMスプレー

特徴・由来・伝承

プリムラポリアンサとジュリアンは非常に似ています。育て方も同じと考えてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用