コンボルブルスの育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>コンボルブルス
スポンサードリンク

コンボルブルス(サンシキヒルガオ)

コンボルブルス
科名ヒルガオ科
学名Convolvulus
別名サンシキヒルガオ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ヒルガオ科の植物で小さなアサガオ…という容姿の花が咲き乱れます。肥料と水と日光がしっかりとあれば、期間中絶え間なく咲きます。初心者向きです。
花が地を這う、匍匐タイプなので、グランドカバー向きです。日当りがよすぎて、真夏に植物が休んでしまう場所に植えると夏も咲いてくれるので重宝します。

摘芯すると脇芽が増えます。

水やりと肥料

土が乾いていたら、水をシッカリとやってください。コンボルブルスは水をやり過ぎると過湿になり根が腐って傷みますので、土が濡れているときは水をやらないで下さい。夏になると今度は蒸発が激しくなりますので、水が切れないようにしてください。朝と夕方の二回水をやります。昼に水をやると、水が沸騰して根をいためます。
5月から9月まで非常に生育しますので、この時期に肥料をあげます。一ヶ月に二回、液肥をあげます。肥料が切れると花つきが悪くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の土が若干苦手なので、庭植えする場合は石灰を混ぜ込んで中和させて置きましょう。土は市販のもので充分です。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所を好みます。暑さには強いので、日のガンガン当たる場所に植えましょう。猛暑にも弱りません。
反面寒さには弱く、戸外で越冬させるのは5度以上の気温が必要で、霜が降りたり氷点下まで下がる地域では冬までに枯れてしまいます。
一年草タイプと多年草タイプがありますが、最近出回っているのは多年草タイプが多いです(ブルーコンパクタ・ブルーカーペットなど)。多年草といっても寒さに弱く、九州より北の地域では戸外の越冬は難しいです。

特徴・由来・伝承

アサガオを小さくしたような花が咲きます。非常に頑健で直射日光にも強いです。真夏の直射日光があまりに強いと花つきが悪くなることがありますが、それでも水切れしない限りは枯れません。
匍匐して背が高くならないので、吊り鉢に植えて垂れ下がらせるものを良く見かけます。昔は色合いが少なかったですが、現在は多種あります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用