シレネの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>シレネ
スポンサードリンク

シレネ(フクロナデシコ)

シレネ
科名ナデシコ科
別名フクロナデシコ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種を捲いても簡単に増やせますが、一般家庭では経済的ではないので春に花屋さんで売っている苗を植えます。ただシレネの苗はあまり流通していません。

多年草一年草があります。一年草は夏に消えますが、多年草タイプは夏を越えれば翌年も同じ株が花を咲かせます。ですが、暖地では夏の暑さに耐えられず夏越えは難しいので、多年草シレネであっても一年草と考えてください。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやってください。シレネは普通の植物よりも乾燥気味に管理する方が元気になります。水をやりすぎると根腐れを起こして枯れてしまいますので、水のやりすぎは禁物です。

月に二回程度液肥をあげると良いですが、肥料はほとんど必要ありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている「花と野菜の土」などで植え付けます。水はけが良い方がいいので、市販の土に赤玉土を混ぜると尚いいです。

酸性の土は苦手なので、庭の土で植える場合は石灰で中和させてください。日本の土は全国的に弱酸性の傾向があり、そのままにしておくと徐々に酸性土になっていきます。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。ただし、品種によって差はありますが、高温多湿に弱いので、夏は半日陰になるような場所に植えるのが好ましいです。鉢植えで管理するか、一年草と割り切って夏には消えると考えてください。

寒さに強く、霜が降りても枯れません。

特徴・由来・伝承

シレネの仲間で「ムシトリナデシコ」と呼ばれるものがあります。これは花からベトベトした粘液を出して、そこに虫がくっついていることがあるのでそう呼ばれるようになりましたが、食虫植物ではありません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シレネの関連記事

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用