枕花

MENU
TOP>花ギフト関連用語>枕花
スポンサードリンク

枕花の一般的な定義


故人と親しかった人が追悼の念を伝えるために贈る花のことで、フラワーアレンジメントの形であることが多いですが、花束であることもあります。枕花は一般的には浸透しておらず、本来の定義とは離れた贈られ方も多く、枕花を遺族がどう捉えたらいいかもハッキリとしていないません。
本来の意味について
本来は「故人と血縁か、それに近い人」が亡くなったことをいち早く知らされて贈る花で、枕花を贈るということは、つまり「故人とかなり親密にしていた」ということになるのですが、このあたりの定義が生花店でも斎場でもはっきりせず、金額的に高価なスタンド花よりも、安価な枕花の方が故人に近い場所に置かれてしまいます。枕花を贈った人が近親者ならかまいませんが、知人程度の人の安価なアレンジや花束が故人の近くに飾られるということがよくあります。

いまのところのポジション・意義


お棺の近くに置く
花束になっているものはお棺の上に、フラワーアレンジの場合はお棺の前や近くに置かれます。高価なスタンド花よりも故人に近い場所に置かれるので、ちょっと矛盾が。
贈る理由はまだ曖昧
スタンド花の花は持ち帰っても邪魔になるので、フラワーアレンジメントの形になっている枕花は、遺族にとっても持ち帰って飾りやすいという面もあります。(ただしお棺に花を入れて焼くことがあるなど、地域と宗派によって対応が違う)安価で贈りやすいことから、あまりお金を出せないが、せめて形だけでも気持ちを贈りたいという人が、枕花を贈ることが多いようです(本来の意味合いとは違う)。
メリット
スタンド花は斎場に依頼すると最低でも二万円ほど掛かりますが、枕花は安価でも贈ることが可能です(3000円でも可能、中心は5000円から10000円)。枕花は花束でもOKです。
また外部からの持込の場合(斎場ではなく他の花屋さんに花をお願いする場合)だと、スタンド花は持ち込み料が発生しますが、枕花は持ち込み料が普通は発生しません。ただし持ち込み自体を一切禁じている斎場も多いのでよく問い合わせてみましょう。
スポンサードリンク

これから

ポジションは微妙…
今まではスタンド花を贈るのが当然、という社会常識でしたが、葬式を安価に抑える傾向のある現在では枕花を贈るケースが増えています。ですが意味合いがハッキリしていません。
スタンド花を贈るのが無難です
しかし、今は遺族も枕花を贈る側も、そして葬儀に参加した人も、枕花の意味合いがあやふやな状態。体裁という意味ではスタンド花を贈るのが何だかんだ言ってもまだ無難です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

花ギフト関連用語の仲間


花ギフト関連用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用