万年青の育て方

MENU
TOP>ユリ科>万年青
スポンサードリンク

万年青(オモト)

万年青
科名ユリ科
属名オモト属
学名Rohdea japonica
別名オモト
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

まとめ
園芸品種として非常に種類が多い。
●戸外の半日陰か、室内の明るい場所で管理。
肥料は少なく。
水やりは控えめ。
●寒さには強いが、マイナス5度まで。土が凍るくらい寒いとダメ。

基本的に性質は頑健。ネットでは「諦めて育てる」という言い方をする。これは「肥料も水も控えめにして辛い環境」に置くということ。変に手をかけないくらいの方が頑健に育つからです。

万年青は多湿にも弱いですが、乾燥にも弱いです。春と秋の生長する時期には特に乾燥させないように気を付けないといけません。水が不足しているようであれば潅水させてください。
潅水はバケツなどに水を貼り、そこに万年青の鉢をドボンと浸けて給水させる方法です。シンビジュウムなどでも行います。

水やりと肥料

土が乾いていたら、鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやってください。

万年青は高温多湿に弱い傾向がありますので、真夏は水を控えて乾燥気味に管理します。土が乾いてから二日経って水をしっかりとやる程度にします。
●夏の水やりは朝にします。昼に水やりをすると水が沸騰して根が痛みます。

冬は万年青の成長が鈍くなり、水を吸収する力が落ちますので、植木鉢の土が乾いてから数日経ってから水をやってください。
肥料
万年青は肥料をあまり必要としません。むしろ与えすぎると痛んでしまいます。春と秋に薄い液肥をあげてください。夏と冬は肥料をやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土は大雑把にいうと、水はけがよければ問題ありません。よく分からない場合は軽石だけで植えます。それでも十分です。
植え替え頻度は1年か2年に一回。春(3月4月)か秋(9月10月)に植え替えをします。
植え替え手順
鉢植えをポンポンと叩いて、根を傷つけないようにして土を緩めて、中身を取り出します。水で根を洗い、傷んだ根を取り除き、根に付いたゴミを油絵用の硬めの筆で取り除きます。
新しい鉢は程よい大きさで。大きな鉢に植えると土が多くなり、土から水が蒸発しづらくなり、根腐れの原因になります。ネットで鉢植えの万年青を検索して葉っぱと鉢植えのバランスをみてください。
鉢底には大粒の桑炭か1号砂を入れ、その上に桑炭か二号~五号砂を入れて、万年青を植えます。割り箸か何かで万年青の根が広がるようにして入れてください。

管理場所・日当たり

万年青は半日陰で
万年青の管理場所は午前中に日が当たり、午後は日が当たらないような半日陰が好ましいです。耐陰性がありますので、少々日陰でも生育しますが、株が弱くなります。また葉っぱに斑が入っている場合は模様が鈍くなります。
●室内の明るいところで育ちます。
●ただ室内は場所によって日光不足になるかもしれませんから、症状を見て日当たりに移動させてください。
●戸外で午後からも強い日差しが当たる場合は、遮光してください。
●真夏の直射日光は万年青には厳しいです。夏は戸外の日陰か室内で管理しましょう。

真夏の暑さと多湿に若干弱いので、夏は風通しの良い場所で管理してください。
寒さに強い(耐寒温度はマイナス5度)ので、土が凍らないのであれば冬の防寒は必要ありませんが、乾いた寒風が吹き抜ける場所だと葉っぱが傷んでしまいますので、寒風が当たらない場所に移動させてください。土が凍るようであれば室内に取り込みます。
●関東より西であれば戸外で越冬可能です。
スポンサードリンク

その他

カイガラムシが発生。カイガラムシはそぎ落とすか、薬を散布してください。
芋腐れ病
根を傷つけないようにしましょう。
葉先の枯れ
葉の先に水がたまり、そこで雑菌が繁殖します。予防としては筆で水を吸い取るようにします。

特徴・由来・伝承

江戸時代ごろから園芸植物として武家を中心に栽培されるようになり、模様の入り方や葉っぱの生え方によって分類わけがされるようになり、種類によっては非常に高額で取引されるようになりました。
明治以降は富裕層、特に京都で栽培が盛んになり、現在の価格で一億ほどの価格で取引されたことがあります。

秋の季語。
中国医学では茎が強心剤・利尿剤として利用されますが、非常に強い成分が含まれているので量を間違えると死ぬこともあります。
引越しの贈り物
万年青は漢字に現れているように「年中青い」常緑の植物です。これが繁栄を表していて、魔を祓い、縁起が良く、長寿を呼び込むと言われていました。
それがどうして引越しに贈られるようになったのか?
江戸時代の始まり、慶長11年(1607年)に江戸城に徳川家康が入場した際に愛知県三河の国長沢村の長島長兵衛から贈られた斑入りの万年青を江戸城に持ち込み、床の間に飾って繁栄を願った、という故事が残っています。これが万年青と引越しのつながりのようです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用