ブラッサイアの育て方

MENU
TOP>ウコギ科>ブラッサイア
スポンサードリンク

ブラッサイア(シェフレラアクティノフィラ・ブラッサイヤ)

nophoto
科名ウコギ科
属名シェフレラ属
学名Schefflera actinophylla
別名シェフレラアクティノフィラ・ブラッサイヤ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

葉っぱにホコリが溜まりやすいので、葉っぱをタオルか何かで拭いてやってください。ホコリがたまると見た目に悪いですし、光合成を阻害します。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります
土が乾いて居たら水をしっかりとあげてください。特に春から秋にかけては乾きやすく、土が白く変色していたらすぐに水をやってください。秋以降、寒くなってきたら水遣りの回数を減らしていきます。冬は水を吸い上げる力が弱まりますので、水を同じような頻度でやると根腐れを起こして枯れてしまいます。冬は土が乾燥してから数日経ってから水をやってください。
肥料
春~秋の生育時期に液肥をあげます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

冬の間に落葉するかも――
でも枯れているとは限りません

もうすぐ春になる頃、ブラッサイアはもしかすると葉っぱを落としているかもし得ません。でも、ブラッサイアが枯れているとは限りませんので、そのまま諦めずに水遣りを続けていると、新芽が出てくることが多いです。
植え替えは春、年に一回します
ブラッサイアは根を張るのが早いのですぐにいっぱいになり、根詰まりを起こします。一年に一回のペースで植え替えをしてください。春に鉢底から根がはみ出ていたら植え替えましょう。
観葉植物の土で
土は観葉植物の土、一回り大きな鉢を用意しそこに植え込みます。

管理場所・日当たり

耐陰性があり、室内で管理
日光を好みますので日当りのいい場所で育てるのがよいですが、耐陰性があり、明るい日影でも生育します。室内の明るい場所で管理することも出来ます。
真夏の直射日光には注意
春~秋に掛けては戸外で管理することもできます。ただし真夏の直射日光には葉っぱが焼けてしまいますので、真夏だけは明るい日陰へと移動させてください。
スポンサードリンク

その他

ハダニが発生します。ハダニは霧吹きをして乾燥を防ぐことで予防が可能です。ハダニにやられた葉っぱは、広がるのを防ぐためにも容赦なく切り落としましょう。

特徴・由来・伝承

カポックと同じ種類ので、寒さにも一定の耐性があって育てやすい部類の観葉植物です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ウコギ科の仲間


ウコギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用