宅配

MENU
TOP>花ギフト関連用語>宅配
スポンサードリンク

宅配とは


フラワーギフトの中で宅配という言葉は、「業者におって送り届けること」を指します。ネットショップにしろ生花店にしろが宅配をするということは、商品を箱につめて、それをクロネコヤマトや佐川急便といった業者に引き渡し、日本全国に送り届けるということを指します。
宅配と配達は違います
これに対して生花店が直接花を届けることを「配達」と呼びます。また、花キューピットやフラワーシップといったような、生花店やネット上での注文をお届け先の近くで営業する生花店が、商品を作成もしくはラッピングなどして、お届けする方法もあります。

メリットとデメリット


実店舗から贈る場合は見た商品が送れる
もしも生花店から宅配をするということは、目の前の実物の商品をお届けすることが出来ますし、日ごろ信頼の置ける生花店さんの商品を届けることが出来るというメリットがあります。
気に入ったお店の商品を贈れる
ネットショップの場合ですと、どこからでも気に入った商品を送ることが出来るというメリットがあります。
お届け先が留守だと傷む
デメリットとしては、花鉢やフラワーアレンジメントや花束といった「生もの」を送ったとき、お届け先の方が数日でも留守をしていたら、商品が無駄になります。
夏に注意
5月以降、気温が上昇します。すると切り花でも花鉢でも傷みます。クール便で送るとかなり傷みは抑えられますが、クール便は配送時点では涼しいところで管理しているのですが、集配所は涼しいところでは無いので、注意が必要です。
スポンサードリンク

花キューピット

花キューピットは注文した店とは違う、御届け先に近い花屋さんが花を配達するシステムです。宅配に比べて新しい花が届けられることと、お届け先が留守の場合でも後日配達する、などのメリットがあります。

ですが、思い描いた花が送られるとは限らず、花の指定をしても答えられるとも限らないので、花にこだわりがあったり、信頼できる生花店(ネットショップを含む)があれば、そちらにお願いするのも良いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

宅配の関連記事

宅配の日記

花ギフト関連用語の仲間


花ギフト関連用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用