ユキノシタの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>ユキノシタ

ユキノシタ(雪の下・サキシフラガ)

ユキノシタ
科名ユキノシタ科
属名ユキノシタ属
学名Saxifraga stolonifera
別名雪の下・サキシフラガ
みずやり水を好む
場所外の日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


半日陰か明るい日陰で育つ、頑健な植物です。花びらの下二枚が長く、独特の形をしています。
ユキノシタは湿った土を好み、乾燥に弱い植物です。その点さえクリアできれば、ほとんど手の掛からない日陰植物として重宝します。

水やりと肥料


庭植えの場合
基本的に植えつけたら水はやりませんが、軒下など雨が落ちない場所では、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。

鉢植えの場合
鉢植えにした場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。水をやるときは鉢の底から水がしみ出す位にやってください。ユキノシタは乾燥に弱いので土が完全に乾く前に水をやるようにしてください。

肥料はやらないで
肥料は一切やりません。肥料が多いとヒョロヒョロと長くなり、弱い株になります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土か、庭の土に植えつけます。水もちのいい土を好みますので、水はけが良すぎる場合は、腐葉土を混ぜてください。

植え付け時期は真夏と真冬を避けてれば、これといってありません。

管理場所・日当たり

日陰か半日陰で
耐陰性が強く、日陰でも育ちます。根本から匍匐糸(ホフクシ)を伸ばして横へ横へと広がっていきます。寒さには強いので、冬は問題なく越冬可能ですが、乾燥に弱いので、真夏の水遣りに気をつけてください。

その他

湿った日陰を好む植物なので、ナメクジが発生しやすいです。発見次第捕殺するか、薬殺、もしくはワナを仕掛けて対処します。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ダイモンジソウの近縁種。本州四国九州の湿った半日陰の岩場に自生しています。薬草でもあるために庭先に植えられたらしい。日陰にも耐えるのでシェードガーデンに向き、葉っぱに美しい附が入っているものは特に好まれます。

サキシフラガという名前で流通することもあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用