メカルドニアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>メカルドニア
スポンサードリンク

メカルドニア

メカルドニア
科名ゴマノハグサ科
属名メカルドニア属
学名Mecardonia
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に植えて初夏から秋にかけて花を咲かせます。霜に当てると枯れますが、暖地ならば戸外で越冬し、毎年咲きます。寒冷地・中間地でも冬は室内に取り込むなどすれば越冬は可能ですが、厳しいので「一年草扱い」です。
匍匐する性質で、背が低いので前景にも向いていますし、夏の暑さに強く、温暖化で元気がなくなる夏の庭を彩ってくれます。ただ花が小さく、単体では目立たないため、合わせて植えた方がいいかも。育てやすく、頑健です。

水やりと肥料

鉢植えの場合、土が乾いていたら水をしっかりとやります。土が濡れているうちは水をやらないようにします。ある程度の湿度には耐えますが、土が常時濡れているようだと根腐れを起こして枯れてしまいます。
●真夏の極端な乾燥には葉先から枯れ込んできますので注意してください。
●庭植えの場合は自然の雨だけで基本は十分です。真夏の乾燥時期や日照りのときは水をやってください。

肥料
花が咲く期間は液肥を月に2回か3回与えてください。肥料が多いと株は大きくなりますが花が付きづらくなり、病気にもなります。肥料が多すぎないように、元肥を少なめにして液肥で調整します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植え付けます。市販の花と野菜の培養土を利用するか、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所に植えます。夏の湿気や暑さにも負けず、植える場所に気を使う必要はありませんので、気楽に植えることが出来ます。
冬も越せないこともない
メカルドニアはまだ流通量が少なく、毎年安定して手に入らないので、「一年草」と割り切れない人もいるかと思います。寒さには強くなく、霜に当たれば枯れますが、暖地だと戸外で越冬します。寒冷地や中間地では室内で管理すれば越冬も可能でしょうが、室内では日当たりが確保できず、日照不足で枯れやすい。
スポンサードリンク

その他

梅雨前に刈り込むと良い
過湿には強いとはいっても、蒸れると枯れ込んできて見た目に良くないです。そこで梅雨前に一旦刈り込んで、蒸れ予防しておきます。

特徴・由来・伝承

日当たりのいい場所に植えておくと、夏の暑い時期でも花を咲かせるグランカバー向きの匍匐性植物で、横へ横へと広がっていきます。花が小さく、「咲き乱れる」というものではありませんが、肥料が途切れなければ花が途切れることもなく、管理が楽なので、今後流行る可能性があります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用