アークトチスの育て方

MENU
TOP>キク科>アークトチス

アークトチス(羽衣菊)

アークトチス
科名キク科
属名ハゴロモギク属
学名Arctotis
別名羽衣菊
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

見た目がガーベラです。育てる感覚としてはオステオスペルマムに近く、霜に当たらなければ暖地での越冬は可能です。花の時期が長いので、今後春から夏に掛けてのガーデニングで流行するかもしれません。
●夜・雨・曇りの日は花が閉じます。

夏越しは難しく一年草扱い
自生地で多年草のタイプと、もともと一年草のタイプがあります。高温多湿に弱いので、夏越しが難しく、基本的に全て一年草と考えて育てた方が精神衛生上も健康的です。
ホームセンターなどで売られていても「多年草」と記述があります。実質は一年草と考えてください。ちなみにお店には悪意はありません。図鑑や分類上は多年草ですからね。
●夏の暑さに弱いのですが絶対に枯れるというわけではありません。

花を摘む
花が終わってしぼんだものを摘んでください。これを花ガラ摘みといいます。放置しておくと種子を作ろうとして次の花が咲きづらくなったり、株が弱ったり、萎んだ花が腐って病気のものとになったりと、なんにもいいことがありません。

水やりと肥料


土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。アークトチスは湿気の多い状態を好みませんので、水のやり過ぎに気をつけてください。水をやり過ぎると腐って枯れてしまいます。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。

水やりのコツとか間隔とか
水をやるときは鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。春と秋は土を指で触ってみて乾いて居たら水をやるようにします。夏は雨が降らない限りは毎日朝と夕方の二回しっかりと水をやってください。冬も土が乾いて居たら水をやります。冬は蒸発量が少ないので、土が乾くまでの期間が長いです。一月に一回くらいかもしれません。環境によるのであしからず。

肥料
開花時期が長く、一つの花の開花期間も短くて、いくつもの花が咲くので、肥料が切れると花が途切れます。かならず開花期間は肥料を追加してください。肥料は液肥なら一週間に一回。緩効性肥料ならば一ヶ月に一回です。リンの多めのものを。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけのよい土を好み、乾燥気味の管理を好み、湿気の多い土だと腐って枯れてしまいます。日本の高温多湿の環境に弱く、暖地では夏越えは難しいです。

用土について
土は市販されている土か、市販の土に赤玉土を混ぜて水はけをよくしてから植え付けをします。自作する場合は赤玉土7腐葉土3です。
●水はけが悪いと茎が間延びしてヒョロヒョロになります。

種より苗
秋に種を撒いて苗をつくり、植えることもできます。種子から育てるのはあまり経済的ではないので苗が便利です。苗は春に出回るものを植えれば十分です。

種子から育てる場合は土に撒いて5ミリ土を掛けて、乾燥しないように管理します。発芽して本葉が3枚か4枚になったら春に植え付けをします。
●暖地や中間地では秋に撒いて翌年の春から開花を楽しむ「秋撒き」で育てます。春に撒いて初夏まで楽しむ「春撒き」は寒冷地(北関東・東北)でしかできません。暖地では開花までに暑さと湿気で枯れてしまいます。
●苗で冬を越す場合は、寒さに弱いです。防寒が必要です。

植え付けの注意
アークトチスは直根性で太い根が傷つくと生育不良を起こし枯れることもあります。ポットから取り出すときも土をほぐさず、土を落とさずに、そのまま植え替えをします。
●庭に植えたら移植は出来ないと考えてください。
●鉢に根が行き割って植え替えをするときは、値を崩さないようにして、新しい土で、一回り大きな鉢に植え替えをします。

植え替えについて
アークトチスは株全体が老化して、夏越しさせても、何年も生育はしません。寿命が短い多年草です。植え替えをするときは土を崩さないようにして一回り大きな鉢に植え替えてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たり必須
日当りを好み、日陰・半日陰では花つきが悪くなりますので、日当りで育ててください。

夏越しをする場合は、半日陰の風通しのよい涼しいところへと移動させます。

冬の寒さについて
アークトリスのグランディスはマイナス12度まで耐える非常に耐寒性のある品種ですが、その他の品種では霜除けが必要です。ただし、交雑が進んでいて性質にかなりばらつきがあり、耐暑性・耐寒性の強いものもあります。タグを参考にしてください。

その他

アブラムシ・アオムシ・ネキリムシ・灰カビ病・ハモグリバエなど。
オルトランを前もって撒いていると予防できます。

特徴・由来・伝承

見た目がほとんどガーベラ。ガザニアに近い種類です。春から初夏に掛けて花を次々と咲かせます。一つ一つの花の寿命は長くありませんが、こぼれるように咲くので一度チャレンジしてみてください。
天気の日には花を開き、曇りの日や夜には花を閉じます。
白い花を咲かせるグランディスが有名ですが、交雑種も多く多色が出回っています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用