ロータスの育て方

MENU
TOP>マメ科>ロータス
スポンサードリンク

ロータス(ロツス)

nophoto
科名マメ科
学名hirsutus
別名ロツス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

特徴のある花を咲かせますので、花を好んで育てる人も居ますが、基本的には「リーフプランツ」と考えてください。葉っぱには細かい毛が生えていて、モコモコとしてカワイイ植物です。新芽は鮮やかなグリーン。人気のある植物です。
カラーリーフと考えるならば、必ずしも日当りで育てる必要はありません。花付きは悪くなりますが、夏の暑さに弱いことを考えると最初から半日陰に植えて管理する方が賢明です。ただし風通しの悪いジメジメしたところはNG。湿気に弱いです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をシッカリとやります。鉢植えにしている場合は、鉢底から水が染み出すくらいにやってください。
ロータスは乾燥気味の管理を好みますので、土が濡れている間は水をやらないで下さい。頻繁に水をやると、根が腐って枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土6腐葉土4を混ぜたものか、市販されている花と野菜の土を使って植えつけます。ロータスは乾燥気味に管理します。土に水分が多いと根腐れを起こしやすくなります。

管理場所・日当たり

日当りのいい場所で日光にしっかりと当てます。日当りがいいと葉っぱの色も鮮やかになり、花と葉のコントラストが鮮やかになります。
耐寒性が高くマイナス10度まで耐えるので、余程の寒冷地で無い限り冬でも青い葉っぱで茂っています。寒さに強いのですが、暑さに弱く、夏の間は出来れば風通しのいい、半日陰か明るい日陰で管理してください。

特徴・由来・伝承

ロータスというと「ハス」ですが、当然ハスとは別ものです。しかしつづりまで同じなので、ネットで検索すると困ります。
ココでいうロータスは北半球温帯(地中海)で生育する多年生の草、もしくは亜低木に属するマメ科の植物です。
花の形がオウムのクチバシのような形をしています。

ロータスにはロータスブリムストーン(ロータスヒルスタス)やロータスクレティクスなど種類があります。クレティクスが銀葉です。ブリムストーンはー10度まで耐えますが、クレティクスは0度前後と言われています(―10度までOKとする本もあり)。どちらにしても寒さには強い方です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ロータスの関連記事

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用