アズーロコンパクトの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>アズーロコンパクト
スポンサードリンク

アズーロコンパクト

アズーロコンパクト
科名キキョウ科
属名ロベリア属
学名Lobelia
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

通常のロベリアよりも夏越えが容易なので、春から夏を越えて秋まで花を咲かせるサントリーが開発した新品種のロベリアです。鉢植えでも庭植えでもOK。
梅雨前に刈り込んで夏越し
多湿に弱く、蒸れると葉っぱが傷んで枯れてきます。そこで梅雨前に三分の一ほどに刈り込むことで風通しをよくします。傷んだ葉っぱはむしってください。夏を越すとまた秋~花を咲かせます。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやります。非常に良く茂るので、水切れがおきやすいので、気をつけてください。
夏の水切れに注意
春から夏に掛けて温度の上昇とともに水の蒸発量が増えていきます。春は晴れた日に水をやる程度ですが、夏になると一日に二回朝と夕方に水をやらないと水切れを起こしますので気をつけてください。
肥料を追加しましょう
アズーロコンパクトは花がよく咲きます。培養土に含まれている肥料成分だけでは不足しますので、一週間に一回液肥をやってください。肥料が切れると花つきが悪くなります。真夏は暑さと多湿で花が休みますので肥料はやらないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植え付けをします。自前で作る場合は赤玉土腐葉土4くらいの割合です。ここに緩効性肥料を混ぜておきます。
戸外で越冬も
霜に当たると枯れてしまいますが、霜が降りたり雪が降らない地域であれば戸外で越冬することも可能です。暖地ではない場合は室内で管理すれば越冬も可能です。ただしかなり大変です。寒さに当てなくても、日光不足で株が弱ってしまいます。

管理場所・日当たり

霜に当たると枯れてしまいます。三月から出回りますが、霜が降りそうなほどに寒いのであれば、暖かくなってから購入して植えつけましょう。
日当たりで
日光の当たる場所で管理します。日当りが悪いと花つきが悪くなりますので、半日以上費が当たる場所で管理してください。
夏は半日陰
夏越えが難しくないといっても、真夏の直射日光と多湿に弱いので、真夏の間は半日陰に移動させてください。

よく茂ると強風で枝が折れやすくなりますので、強風が吹かない場所で管理します。

特徴・由来・伝承

サントリーが開発したロベリアの品種。通常品種では困難な夏越しも可能で、春~秋まで長期間咲いてくれる園芸品種。ただし、サントリーでしか栽培・販売していないので流通量が少なく、通常のロベリアに比べるとまだまだ高価。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用